FC2ブログ

出張写真ではいけないんでしょうか?

出張,カメラマン,写真,撮影,岐阜,可児,多治見
当店は、開業当初から出張撮影を生業としてまいりました。
以前にもお話ししましたが、今年の3月で開業10周年を迎えました。
当店のサービスを理解して、喜んでいただいた皆様、誠にありがとうございます!

スタジオではなく出張撮影。
「お客様にお店に来てもらうのではなく、私からお客様のところへ出向く。」
実は、このスタイルで個人のお客様対応を続けている写真家はそう多くありません。
ほとんどがスタジオ撮影がメインで、サブ的に出張撮影をしているところが殆どです。

なぜでしょうか?
これには様々な事情があると私は考えています。
(意見には個人差があります・・・)

◎スタジオ撮影の場合のメリット
1いろんな小物(スタジオの備品)が使える。
2光や影など、周囲の影響を受けにくい

 デメリット
3お客様に来てもらう必要がある
4環境が変わるので緊張する

○出張撮影の場合のメリット
5お客様が移動しなくてもよい
6慣れた場所なので、緊張しずらい

 デメリット
7小物が使えない(持っていけない)
8光が時間によって撮影状態が左右される(天気によっても)

もちろん、お客様によってはスタジオで撮りたい!
と、言われる方がいらっしゃることも承知しています。
しかし、私としては、
・なぜ出張ではいけないのか?
・出張で撮って欲しい!
という、話を聞くことがあります。
出張で撮ると言うご希望の中には、
「思い出の地で撮りたい」と、いう方も多くいらっしゃいます。

こういった希望がある限り、私は出張撮影を続けたいと考えますし、また、出張にしか撮れない写真がある!
と、私は考えています。

写真には、写真の背景(後ろに写っているモノ)が重要だと、私は常に考えています。
自宅や景色には、思い出がイッパイ詰まっています。
だからこそ、出張して撮ってもらいたいと、思われるのでしょう。
しかし、そのためには自宅を片付けたり、事前打ち合わせを何度もしたりと、スタジオで撮るより、お客様側にも随分とお手間をお掛けすることになると思います。
(外の場合、天気もとっても気になりますね・・・)

でも、撮ってほしい!と、言われる方はいらっしゃいます。
お客様にとっても大変だからこそ、写真になったときに、ステキな思い出になるのではないでしょうか?
私は、写真を撮る過程も、写真が完成したあとも、ずっと大切な思い出になる。
そんな写真を残したいと願っています。

この写真は、お客様のご自宅での撮影です。
思い出の場所でリラックスしての撮影でした。

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
 ブログリンクは歓迎しますが、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。(励みになりますので^^;)
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ