FC2ブログ

スキーツアーバス事故に想う事

岐阜の出張カメラマンパーミルフォトオフィス、林政司です。建築竣工写真、ウェディング写真、プロフィール写真を撮影しています。岐阜可児多治見から名古屋岐阜市内まで出張写真撮影します。
突然ですが、先日発生した碓氷峠でのスキーツアーバス転落事故。
多くの若い命が犠牲になりました。
哀悼の意を申し上げます。

私もスキーが好きで(ダジャレじゃないですが・・・)毎年バカみたいにたくさんスキー場に通ったものです。
そんな事もあり、今回の事故は他人事とは思えません。
ただ、岐阜県に住んでいる地の利もあり、クルマで行くことが殆どでした。
多分唯一(だと思う)使ったツアーバスは、偶然ですが大手のバスだったような気がします。

そんなこんなで、ツアーバスにはあまり縁が有りませんでしたが、今回の事故で思うのは安全に関する必要なコストが省かれてしまっていたこと。
そして、予防安全とも言うべき規制の仕組みが守られていなかったこと。
『ここは日本なのか?』と、疑いたくなるようなあまりに自分勝手な仕事の進め方。

どうしてここまで無責任な仕事が出来るんだろう、と言った気持ちです。

昨今は規制緩和の名の元にどんどんとコストが下げられ、『安いことがいいこと』 の様な風潮が当たり前になってしまいました。
昔は、安いものにはウラがある。と言って、疑って掛かったものですが、牛丼から食料品、はたまた旅行まで、いつの間にか、様々なものが随分と安くなりました。

消費者的には確かにありがたいことではありますが、経営的に見ると、果たして本当に問題ないのでしょうか?
問題大有りだと思います。
企業は利益を追求するものである。と、どこかの経営学者の有名な言葉があります。
利益が無ければ資本主義の拡大再生産が出来ないのは周知の事実です。
売り上げが減ると、利益は出にくくなるのも当然の事です。

それなのに、少しでも価格軽減をしようとする。
勿論必要なコストダウンはあるでしょうが、それだけではなく、全てが安くなる。
ましてや行政が指導した基準価格よりも安い賃金で受注するとは本末転倒と思います。
利益が少ないと、仕事を受注するために、ますます安売りに走り、企業の体力が奪われてしまいます。

今回の事で、また新たな規制が出来ることでしょう。
本来であれば、事業者側が自主的に決めるべき規制だと思いますが・・・。

写真は、木曽川飛騨川の合流点です。
水が大河となって流れていきます。
気持ちは常に、このようなおおらかな大河で居たいですね。

使用機材:Nikon D4 50mm f1.4

『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
--------------------------------------
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ