FC2ブログ

新羅神社の由緒

岐阜の出張カメラマンパーミルフォトオフィス、林政司です。建築竣工写真、ウェディング写真、プロフィール写真を撮影しています。岐阜可児多治見から名古屋岐阜市内まで出張写真撮影します。
新羅神社様へお邪魔してきました。
ちょうど、今週の10月11日に祭礼が行われるとのことで、境内は掃き清められていました。
写真に入っている、旗も今年新たに架け替えられたものであることもわかります。

話は変わりますが、新羅神社様の由緒を宮司様から伺いました。
既に、奈良時代の前期には鎮座されていたそうです。
平安時代の前期には、田只味郷(たじみごう ・・・ 昔の多治見の呼び名) の産里神の杜となっていたようです。
鎌倉時代には、土地の豪族である、多治見氏はじめ、多くの崇敬を集めましたが、その後覇権争いで焼かれるなど、危機もあったようです。
その後、室町時代の足利義満が将軍を務める頃、山城の国から人が来て新羅三明神として幕末に至りました。
明治時代には、新羅神社となり、今日に至るそうです。

言葉で書くと、このようになりますが、要するに奈良時代からの長きに渡り、多治見の地元の神様として崇拝されていたと言う事がわかりました。
長期に渡り、存立していることはとても素晴らしく、大切に守られているんだと思いました。

さて、先日来予告している 『ロケーションフォト撮影会』 を11月14日に新羅神社様で開催いたします。
新羅神社様のご協力を頂いて、境内をお借りして撮影をさせていただきます。
神社ですので、お参りにいらした方が中心になると思いますが、お参り以外の方でも撮影させていただこうと思います。
ただ、境内でもあり、参拝客の皆様の邪魔にならない範囲内での撮影となりますことをご了承下さい。
詳細は、あさって頃にご案内いたします。

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
--------------------------------------
お読みいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ