FC2ブログ

郡上下駄との出逢い (郡上市八幡町)

岐阜の出張カメラマンパーミルフォトオフィス、林政司です。建築竣工写真、ウェディング写真、プロフィール写真を撮影しています。岐阜可児多治見から名古屋岐阜市内まで出張写真撮影します。
こんにちは!
出張カメラマンのパーミル フォトオフィスです。
--------------------------------------
所用で郡上に出掛けました。
今回はその際に立ち寄った郡上市八幡町の郡上木履 「ぐじょうもくり」 様での写真です。
(今日は毎週1人の、人物取材の番外編です)

写真は、代表の 諸橋有斗様です。
岐阜県で木工を学んだあと、郡上に魅力を感じたそうです。
その際に、郡上おどりには欠かせない下駄が地元の木材で作られていない事を知ったそうです。
また、郡上には森林がたくさん有るので、それを活かせないか?と、地元の皆さんと相談、この事業を立ち上げたそうです。
通常の下駄の木材は、桐を使うことが多いのですが、こちらでは檜を使っているそうです。
それは、おどり易さと鳴らした時の音の良さのためだそうです。

ちなみに、今年は数量限定で檜より更に堅い「ナラ」 の木を使った下駄も作っています。
この下駄は、上級者向きとのことで、おどり免状を持った人限定の販売となっていて、プレミアム感の演出が、心憎いですね。
試し履きをしたのですが、履き易くて、鳴らした音も最高で、すぐに気に入ってしまいました。
私も免状を2つ持っているので、買う資格が有ります! と、言う事で、今回購入しました。
これから、郡上おどりの度に活躍してくれることでしょう。

以前、NHKのニュース番組でもこの下駄の事を取り上げられていて、このお店のことは知っていたのですが、今回お逢いできました。販売店は街の中に有る為、おどり当日は多くのおどり客で賑わうことでしょう。古い町家を改装されたもので、趣が有りますね。

鼻緒も郡上染めにこだわっていて、面白いですね。
勿論、店内で選んで、その場ですげて貰えます。

ちなみに、鼻緒は 『すげる』 と、言いますよね?
漢字では 『挿げる』 となります。 『首をすげ替える』 などど使いますが、それと同じ用法です。
さしこんで、付ける と、言うことを指します。
でも、会話の中で、挿げると言う意味を知らない人が増えている様です。
確かに浴衣も短く着る子どもが居たりビーチサンダルを履いていたりする事もあります。
でも、郡上おどりに限っては、下駄も浴衣も健在であって欲しいと思います。
この郡上の地から、日本の古き良き文化を、再発信出来たらいいですね。

使用機材:Nikon D810 24-70mm f2.8

『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
--------------------------------------
お読みいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ