FC2ブログ

多治見市諏訪町の風景


こんにちは!
出張カメラマンのパーミル フォトオフィスです。
--------------------------------------
公益財団法人多治見市文化振興事業団様の主催にて、今回の写真講座の講師を務めさせていただいています。

その講座にて、多治見市諏訪町へ撮影に出掛けました。
車で移動しましたが、険しい峠をのぼると、一気に住宅が増え、昔からの集落が現れました。
ここが諏訪町(旧地名小木)とのことです。

この地には、木曽義仲の落人伝説が残っているらしく、各家には殆どと言っていいほど、立派な土蔵が建てられていました。
諏訪神社もあり、山の傾斜を生かして、お社や舞台などが建てられていて、いまも往時を偲ばせる立派な神社です。
また、ここには 『棒の手』 が岐阜県唯一残されており、岐阜県重要民族文化財に指定されているようです。
岐阜県内でここだけに棒の手が残されているのも、やはり木曽義仲の関係が有るのでしょうか?
史実を調べた訳ではないので詳細は不明ですが、歴史好きとしてはとても気になるところです。

写真は、最初にも書いた、町に入る手前にある峠沿いの川の流れです。
とても険しい道に沿って流れていました。

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
--------------------------------------
お読みいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ