FC2ブログ

月例コンテスト(9月号)の審査をしました

出張カメラマン岐阜可児撮影写真
こんにちは!
出張カメラマンのパーミル フォトオフィスです。
--------------------------------------
地元の組合様から委嘱いただいている、『フォトコンテスト』の
審査をして参りました。

いつもご応募下さり、ありがとうございます。
いまは処暑も過ぎ、季節は秋となりましたが、ご応募いただいた写真は多分真夏になる前に撮影されたものが殆どだと思います。
ほん1~2ヶ月前の事なのに、もう懐かしい雰囲気があります。

今年は異常とも言えるほどの暑さですが、このところの涼しさで、もう暑さが懐かしいと思ってしまうのは私だけでしょうか?
(実際の私は、夏が一番の苦手なので、何故懐かしいという感覚になるのか自分でも不思議ですが・・・)


話は変わりますが・・・
写真は文字通り『真実を写す』と言われています。しかし、実際は真実そのままでは無く、良くも伝えられるし、悪くも伝えられるんですね。
それをどちらにするのかは、極論を言うと撮影する本人(カメラマン)のサジ加減のみで決まることになります。

でも、そのような判断をさせる為の理由が実は、被写体そのものに有ったり、その周辺にあったりするのです。
それをカメラマン自身のフィルター(目・感覚など)を通した結果が、作品としての写真が生まれることになるのです。

つまり、写真は撮影する写真家だけではなく、その被写体やその周辺の雰囲気も大きな要素になると、私は考えます。相手が風景や植物であったとしてもそれは同じです。
それは『周囲を味方につける』とも言います。これに気を配ることで作品は大きく変わってきます。

今回は、作品についてではないですが、ご理解ください。

入賞作品の詳細は、来月(9月)号でご覧くださいね。
(写真は一部を抜粋しています)

使用機材:Nikon D4 17-35mm f2.8
--------------------------------------
お読みいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ