FC2ブログ

リビング市原商事有限会社 様 (可児市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File109
 リビング市原商事有限会社 代表取締役 市原 崇光様です。
「親切と安心」をモットーに、可児市の中心部・広見地内で工具・建築金物小売業をされています。

昭和14年(1939)お祖父様が創業した木材業が前身。昭和27年(1952)お父様の市原崇好氏が金物販売業を開設しました。昭和56年(1981)に市原産業株式会社金物部が現在地にリビングイチハラを開店。昭和57年(1982)に市原産業株式会社から独立して現在の体制になりました。

まだ子供で小さかった頃のお話ですが、昭和34年(1959)の伊勢湾台風では、(当時の)可児町内も大きな被害を受け、可児町の水道指定業者第1号として、町内の復興にあたったそうです。
また、お父様は毎月20日以外は働き詰めの中、夏は海、冬は下呂温泉へ連れて行ってもらったのが毎年の楽しみだったそうです。また、自身が中学生の頃から休みの度に手伝ったのですが、苦楽共にあったそうで「自身の社業とは何かを身体で自然に体得していたと思いますね。」と、当時を懐かしく話されます。

その後、ご自身が33歳の春(1988)、社長に就任。その時、「親に勝とうと思うな」と言われたのが印象的だったそうで、併せて「会社を大きくするのではなく、良くしていくこと。そして長く続けること。」との思いを受け継いでいます。
これは、会社を大きくするのは誰でも出来るが、中身を良くするのには知恵がいる。つまり、頭のいい経営者になれ、との先代の教えだったそうです。
その思いを形にして、事務所や休憩室をリフォームしたり、社内勉強会を開催したりと、社員のスキルアップや働きやすい環境整備にも尽力しています。

「お客様は個人の常連客も多くいらっしゃるのですが、プロの方も多くご来店頂いています。お客様のご希望に応えようと、朝7時から20時まで(土日祝日は19時まで)常にお店を開けています。(年始3日間休業)」
「社員には、『お客様に頼まれたら、まずは考える』様に指導しています。お客様のお困り事を解決する事で初めて、お客様に安心して頂けますからね。」と、語られます。

今後は、「後継者に任せるまでのもう少しの間、頑張ろうと思いますよ」と、自然体で話されるのが印象的でした。
昨年(2018年)11月から、可児商工会議所の副会頭に就任されました。
先代(父の崇好氏)は、初代会頭を務められましたので、2代続けての要職就任となります。私(弊社)も当所の会員ですので、今後ともお世話になります。

撮影作品は、店舗内にて。
「マキタの電動工具の展示コーナーを設けています。常時200台の商品を展示していますが、全部自社で買い取った商品なので、安心してじっくりと見て頂きたいですね。」と、笑顔で語られました。
長い時間、誠にありがとうございました。

名 称 : リビング市原商事有限会社
所在地 : 可児市広見848-10

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
https://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ