FC2ブログ

ガラスの街並 (富山地方鉄道 市内電車)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は、テツの日です。

 先日の事ですが、「陶都街並探偵団」 の行事で、富山市へ出掛けました。
この会(団?)については、以前の当ブログでも触れましたが、街歩きを楽しむ会です。今回は二年に一度の宿泊での行事でした。

 今日のブログは、上にも書いた通り、鉄道記事ですので、まずは、鉄道について書きます。
手前を走る電車は、『富山地方鉄道 市内電車 デ8000形』 です。
後ろの建物の内側に抑えるとともに、電車の車体をなるべく多く見せるようにギリギリまでタイミングを計って撮影しました。
 この場所では写真右手の奥方向に行く線路もあり、写真右手で合流しています。 この方向からやって来る車両は 『セントラム』 と言って、平成21年に導入された最新型で、2車体連接の超低床車両になっています。
本当は、こちらの車両を撮りたかったのですが、滞在時間の関係で撮れなかったのが残念です。
(見ることは出来ました!)

 そして、背景の建物は、今回の見学場所の1つでもある 『TOYAMAキラリ』 です。
富山市ガラス美術館・富山市図書館・そして銀行などが入居する複合ビルです。
鉄道からは離れますが、この建物の設計は 隈研吾さん。この名前は聞き覚えのある方も多いと思いますが、現在建設中の新国立競技場の設計者でもあります。外観は見ての通り複雑怪奇なガラスの様な形状ですが、内部に入ると、木がふんだんに使われる複雑な形状ですが、大きな吹き抜けが有り、それも併せてとても落ち着く空間でした。

 因みに先ほどのセントラムの走る路線は 『環状線』 となっているのですが、この線の一部は、環状運転をするために約10年前に新設された新線です。岐阜市ではその頃、市内電車は全廃されたのに、です。その当時の市の考え方の違いがこの様な街並みの違いに現れてきます。(市内線は、どこまで乗っても1乗車200円です)

次回は、6月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 17-35mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ