多治見まちづくり 株式会社 様 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File87
多治見まちづくり株式会社 代表取締役 佐藤 金吾様です。


多治見駅から土岐川を渡った先にある観光集積地「本町オリベストリート」へと向かう途中の昔ながらの商店街「ながせ通り」にある会社です。

その歴史の起点は平成11年(1999年)に遡ります。「多治見市中心市街地活性化基本計画」がこの年に策定されました。その後の検討会などにより、中心市街地の活性化のためには民間と行政が一体となって取り組むことが有効であることを確認、平成13年(2001年)その計画事業の実行部隊として設立されました。

『当初の収益プランが計画通り進まなかったことから、設立した当社がうまく機能しない状態が続きました。
その後、他の地域での実績を持つ、まちづくりのキーマンが当社に赴任。
そのスタッフを中心に民間と行政のパイプ役となり、市民とともに汗を流すことでまちづくりの必要性を実感してもらう事を続け、徐々に成果を上げていきました。

現在では市民に定着した「カフェ温土」や一昨年使用開始となった「虎渓用水広場」は、当社が運営しています。
その他にも、「多治見らしさ」にこだわり、「美濃焼」などの産業色をだした企画やおもてなしを仕掛け、市民への意識づくり・団結力の向上に貢献できるようにしています。
今後、駅南ビルが整備されることで、この「ながせ通り」がどのようになっていくのか、気にかかるところですね。

将来の目標として、これからも「公助」の部分を行う地域の担い手として、「共助」(市民の様々な年齢層が共に助ける)ができればと思いますね。
究極的には、「まちづくり」なんて必要ないね。と、言われるのが一番だと思います。その頃には、この会社を「市民株主」に移行できればいいなと思いますね。

最後に、「まちづくり」にお金を掛けると、自分たちに返ってくるんだね。と、思ってもらえるといいなと思います。それが地域の力になりますしね。』と、力を込めて話されました。


写真は、夕暮れどきの「ながせ通り」にて。商店街の照明やマンホールなどが夕陽に反射して光っています。
そして写真の右奥には、オフィスでもある「クラフトショップたじみ3号館」があります。
佐藤様には、寒い中道路に立って頂きました。撮影の合間でも、近くのお店の方々が通るたびに笑顔で気さくにお話しをされていたのが印象的でした。やはり、この街にこの会社は愛されているんですね。
長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。


名 称 : 多治見まちづくり株式会社
所在地 : 多治見市本町3丁目80番地
電 話 : 0572-23-2636
URL : http://tajimi-tmo.co.jp/

使用機材: Nikon D4 80-200mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ