FC2ブログ

新車レビュー(SUBARU LEVORG)

撮影,出張,写真,カメラマン,岐阜,多治見,可児,美濃加茂,林,はやし,政司,まさし,パーミル,パミール
クルマの定期点検を依頼したので、代車をお借りしました。

機材を載せる関係で、今回も大きいクルマを貸してほしいと頼んでおいたのですが、予想を裏切って?、登録間もないバリバリの新車でした。きれいなクルマをありがとうございます!
車種は、SUBARU LEVORG 1.6GT EyeSight S-style です。

(以下は、すべて私の個人的意見であり、特に感覚等は個人によって異なります)

まず、外観はデビュー当初より更に洗練された印象です。

シートに座り見回すと、最近のスバル車らしく、視界が良くインパネ類も落ち着いた印象です。
走り出すと、意外とロードノイズが車内に入ってきます。ハイグリップタイヤのパターン特有のものかも知れません。
コーナリングや加減速の際のクルマの動きは安定していて、サスペンションなどのセッティングはさすが!です。
タイヤサイズが45扁平の割には硬さは無いです。
このクルマはノーマルサスですが、ビルシュタイン付きグレードの場合、更に変わってくると思うとやはり楽しみですね。
話は変わりますが、インパネのメーター類は目盛が細かく、文字も多いので、走行中に見にくい印象です。
デジタルスピードメーターも装備されているので、目盛は粗く、5km/h刻みでも良いと思いますが。
トランスミッションのインジケータだけはもう少し大きいと、ペダルシフト使用の際にギヤの確認がしやすく、ありがたいです。

秀逸はやはりEyeSight です。
アクティブレーンキープやリヤビークルディテクション(車線逸脱抑制・後側方警戒支援システム)は、とてもありがたい存在です。
出しゃばらない警報が更に安心感を覚えます。
それと、サイドビューモニターは、死角となる助手席左前方の様子がモニターに写し出され、車庫入れや街角での出庫・左折では、大きな威力を発揮してくれそうです。

以前は無かった装備として、アイトリングストップ機構が付いていました。
これも、無理やり止めるのではなく、クルマが完全に止まった時だけ働いてくれるので、走行の邪魔をしないセッティングです。
先日乗った、某T社のミニバンでは、信号停止の際に 「ブレーキを強く踏んでください」 と、表示が出ました。
強く踏まないとアイドリングストップ機構が働かないからなのですが、私にとっては、『余計なお世話!』 でした。
強く踏んだら停止時のショックが大きくなってしまい、同乗者への乗り心地に影響してしまいますので。
ドライバーの気持ちを考えているセッティングは好感が持てて、安心感があります。

エンジンですが、SUBARUでは唯一のダウンサイジングエンジンを搭載しています。
1.6L + ターボ なのですが、自然吸気車ばかりを乗っている私としては、低速域でのトルクの無さがどうしても気になります。
高回転へ持っていけば、勿論快適な走行フィールを味わえるのですが、そこへ行くまでが私にはモタツキ感を覚えます。
これはターボ車の特徴でもあり、私がターボ車に乗らない理由でもありますが・・・。

最後は実用面での事、ラゲッジスペースのチェックです。
外観上でもリヤの高さを随分絞っていると、気になっていましたが・・・。
実際、荷物の出し入れを想定すると、リヤゲートの開口部高さが少し小さいように思います。
それと、カーゴルームの室内照明が上ではなく、左側面に付いていますが、荷物を多く積むと全体を見渡すことが出来ません。
荷物を多く積む自分としては、使いにくいかな?という印象です。
また、リヤゲートから続く、後部座席のヒップポイントも少し低い様です。
全体に車高を抑えるために犠牲になっているのだろうと思いますが、LEGACYの場合は、リヤシートはもう少し高めにセットされていました。
LEVORGでは、グランドツアラー(遠距離移動)としての利用の際には、前席と後席のコミュニケーションが取りづらいですね。
ま、そう言う使い方をする人は OUTBACK を買ってくれということなのでしょうが・・・。

と、言うことでクルマは無事に返却しました。
SUBARUらしい、楽しいクルマであることには変わりがありません。
貸していただき、ありがとうございました。

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
ブログリンクは歓迎しますが、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
 (励みになりますので^^;)
一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ