FC2ブログ

月例コンテスト(3月号)の審査をしました

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 地元の組合様から委嘱いただいている、『フォトコンテスト』 の審査をして参りました。

 ようやく冬らしい作品が多くなりました。
(気候が寒くなったからという事ですが)
そう思っていたら、最近はもう春のような気候。
やはり、今年の冬は短かったようです。
写真撮影にも、冬らしい作品があまり撮れなかったのではないでしょうか?

 さて、今回は作品の主題についてです。
風景のどの部分を切り取るかで見え方が変わるのはよく聞く話ですね。
それと同じく、人と風景(モノ)を撮影するときもどこで切り取るかを考慮するとよいでしょう。
そうしないと散漫な作品になってしまいます。

入賞作品の詳細は、来月(3月)号でご覧くださいね。
(写真は一部を抜粋しています)

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

カーサ デル ムシカ 様 (可児市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File99
カーサ デル ムシカ 代表 千藤 伸寿様です。

東濃(多治見市)・中濃(可児市)を中心とした音楽の総合事業グループです。多治見市と可児市の二か所で、ピアノ・フルート・ギター・声楽などの音楽教室を行っています。

「音楽、しかもクラシックというと何となく堅いイメージを持たれる事が多いですね。でも、ジャンルにはこだわらず、どんな音楽でも楽しんでもらいたい。と、私は考えています。」
「そんな思いを音楽教室の名前にも込めました。『カーサ デル ムシカ』とは、スペイン語で『音楽の家』という意味です。この名前を冠して音楽教室を始めてから、今年でちょうど30年になります。」

 千藤様ご自身はというと、小学5年生でピアノを始めたものの、練習嫌いだったそうです。(故 校條武雄先生に師事)しかし、先生は無理には練習させず自由にさせてくれたそうです。
その影響でしょうか、まずは音楽を楽しむことが大切だと考え、それが今の指導法にも結びついているのではないかとのこと。
「その子が出来る範囲で楽しませるようにしたいと考えています。先生はそのサポートをするだけ。とは言え、基礎を学んでいないように思わせながらも、実は基礎を身に着けさせていることが私たちの役割ですね。」
 その思いを伺うと、「上手く演奏することが目的ではなく、曲の思いを理解することで結果的に演奏出来るようになるのです。」何だか深い話になりますが、「ただ演奏できるようにする事だけが目的では無い」と話される千藤様の言葉には熱い思いを感じます。

「多分、私の教え方はものすごく早く演奏できる(上達する)ようにはならないと思います。しかし、親子への精神的な負担(練習へのストレス)は少ないと思います。そして、子供さんが『演奏したい』と思ってくれたら、いつまでも楽しんで音楽と接していくことが出来ると思います。勿論、早く上達したいと希望される生徒さんには、その様に教えますよ。」

小学生以降は、
ヤマハエレクトーンフェスティバル、ジュニアオリジナルコンサートにて
小学生から5回連続で岐阜県代表を務める。
その後、名古屋音楽学校 東京芸大クラスへ入学。
国立音楽大学 教育音楽学科へ進学、主席にて卒業。
その間にモスクワ音楽院エミール・ギレリス門下 平沢一博先生に個人的に師事。
スペインダローカ国際古楽音楽祭にスペイン文化省給費を受給して参加、グランプリを受賞。
現地にて演奏を行う。

 今後について、定年退職した方にも楽しんでいただける場を提供できればと思います。
そして、『音楽家』として、創造的な活動をしていきたいと考えています。
そのために、自分が学んだこと発見したことを、皆さんに音楽やお話で聴いて頂ける機会を作りたいですね。
先日、2月23日にはその第一回を多治見市学習館(ヤマカまなびパーク)の7階大ホールで開催しました。(千藤伸寿ピアノリサイタル ショパンの生涯と作品の変遷をたどって 第1回)
今後、3~4ヶ月ごとの頻度で開催していきたいと考えています。

写真は、可児教室にて。ドイツ ベヒシュタイン製のピアノとともに撮影させていただきました。世界三大ピアノブランドのピアノを生徒さんがレッスンで演奏出来るなんて、とても贅沢な事だと思います。ここにも千藤様の熱い思いがこもっているのだと感じました。ご多忙のところお手数をお掛けしました。

長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。


名 称 : カーサ デル ムシカ
所在地 : 可児市今2351
URL : http://casamusica.on.arena.ne.jp
電 話 : 0574-65-7905

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

まちなかタイル発見レポート展 (多治見市 笠原町)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
予告した更新よりも早く別のブログを更新します。

 多治見市笠原中央公民館にて開催中の 「まちなかタイル発見レポート展」 の紹介です。
私が所属する 「陶都街並探偵団」 も、この展示に関わりました。
もともとは、「多治見市モザイクタイルミュージアム」 が、笠原町内の街なかにある 「タイル」 の街並みを散策マップにしたいというところから始まったように記憶しています。
ミュージアムからの声掛けで、笠原中央公民館の 「かさはら探検隊」 の子どもたちと、私たち 「陶都街並探偵団」 の大人達も加わり、街なかを散策して、タイルのある風景を探しました。

 現在開催中の展示写真達からも、新しく制作予定の 「散策マップ」 に掲載されるそうですので、完成が楽しみです。
展示作品には番号が付けてあり、投票も出来ますのでもし気に入った写真があったら、投票すると実際にマップにも載るかもしれませんね。

まちなかタイル発見レポート展
多治見市モザイクタイルミュージアム・笠原中央公民館・陶都街並探偵団 共同企画
2019年2月17日~3月17日 9:00~21:30 (最終日は午前中で終了見込み)

会場:多治見市笠原中央公民館 1階ロビー

次回は、2月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 17-35mm f2.8.

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

名鉄 明智駅 (名鉄 広見線)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は、テツの日です。

今回の撮影作品は、名鉄 広見線 明智駅です。

あけち駅と呼びます。
以前は 「伏見口駅」 と呼ばれていましたが、昭和57年(1982年)可児市の市政施行に合わせて 「明智駅」 に改称されました。
明智である理由は、戦国時代、この地域は 「明智荘」 (あけちのしょう) と呼ばれていたことが理由の様です。
実際、この駅から南へ歩くと明智光秀が生まれたとされる明智長山城(跡)があり、その麓には明智家の菩提寺とされる 「天龍寺」 があります。
(現在の研究では、明智長山城跡は城では無かったとされています)
しかし、「明智荘」 は実際にあったようで、現在の研究では、この付近で明智光秀が活躍していた事は間違いないようです。

ちなみに、平成13年(2001年)迄は、この駅から分岐して八百津駅に至る 「八百津線」 が走っていました。
八百津線の途中駅にあたる 「兼山」 は、当時の可児郡兼山町 (現 可児市兼山) の中心駅で、この駅の南側の山 (古城山) には本能寺の変で討ち死にした森蘭丸が生前に一時城主を務めた事もある 「美濃金山城跡」 (みのかねやま城跡) があります。
美濃金山城跡は、平成25年(2014年)に国史跡に指定されました。

さて、鉄道に戻りますが(笑)、現在は無人駅となっていますが、以前は有人駅でした。上下線の交換(行き違い)も頻繁に行われたターミナル駅でした。(現在も朝と夜のごく一部では交換を行っています)
しかし、八百津線で使われていた1番線はホームとしては今でも残されていて、今にも電車が走ってきそうな雰囲気を残しています。
そんな広見線の(旧)広見駅(新可児駅の前身)と(旧)御嵩駅間は、来年で開通100年を迎えます。
(新可児駅と旧広見駅は、場所が違います)
これからも残って欲しいですね。

 写真は、明智駅の駅舎とワンマン電車です。
乗降客が全くないまま、寂しく発車していきました。

(安全に配慮して撮影しています)

次回は、2月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 17-35mm f2.8.

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

兼山湊跡 (可児市 兼山)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は風景の作品です。

 可児市兼山にある 「兼山湊跡」 です。
岐阜県史跡に指定されています。

兼山湊からは、室町末期(1530年頃)には既に川を使った運材をされていたようです。
木曽川水運は木曽谷木材の運送に利用するなど重要性は高かったのですが、戦国時代になると森氏の政治的軍事的な要衝ともなりました。
寛文5年(1665年)以来、尾張藩は木曽山林の経営を行い、錦織奉行所(現加茂郡八百津町)に木曽川運材を任せました。
これにより、尾張藩御用材、伊勢神宮遷宮御用材も錦織網場で筏組(いかだぐみ)してここを下ったようです。
錦織網場については以前、旧八百津発電所の取材時に少し触れました。

弘化元年(1844年)岩村藩松平氏は江戸御廻米もここまで馬で運び、桑名経由、江戸蔵屋敷まで船送りしたとされます。
また、兼山産の茶・酒・陶器類もここから大量に積出され、のぼり船からは塩・海魚・海藻・日用雑貨をおろし、中濃・東濃一帯に広く販路を持ちました。
この辺り一帯出船入船で賑わい、町筋には宿屋・飯屋・馬宿など船荷相手の店が軒を連ねていたようです。
私見ですが、だからこそ12月に取材した懸け造りの 「可児市戦国山城ミュージアム」 の様な、当時として立派な建物(今でも立派ですが) が建っていたのでしょう。
ちなみに、私が子供の頃には、三重県の桑名から行商の人が魚を売りに私の家にも来ていたことも覚えていますので、木曽川水運の名残だったのでしょう。

大正~昭和になり、ダム建設や陸運の整備によって船運は次第に衰退しました。
昭和14年(1939年)下流の今渡ダム(可児市)完成によって、一帯が湛水状態となり 「兼山瀞(かねやまとろ)」 と言われるようになりましたが、以前は瀬音の聞こえる急流だったようです。

石燈台は安全を祈願し船問屋が建てたもののようです。
(以上 出典・旧兼山町史)

 撮影作品ですが、兼山湊の石畳です。
奥の深緑色が木曽川です。
以前は急流だったとの事なので、石畳がさらに下まで続いていたのでしょうね。
ちなみに敢えて雨の日に撮影しましたので、石畳も石燈台も濡れてしっとりとした感じになっています。
でも当然ですが、石畳が濡れているので、何度も滑って転びそうになりました・・・。

次回は、2月14日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

「き」業展16 ありがとうございました。(多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
き業展16が2月1日・2日の二日間、セラミックパークMINO(多治見市)で開催されました。
弊社は今年も出展いたしました!

弊社の展示では、
1 出張カメラマンとしての活動(建築写真・プロフィール写真)
2 新商品「写真のギフト」
を展示・ご紹介いたしました。

いつもお世話になっている皆さまはじめ、弊社の事に興味を持って立ち止まって下さった方々も多く、ずっとご説明やお話をしておりました。
折角お越しいただいたのに、ゆっくりお話を出来なった方もいらっしゃると思います。
必要に応じて、改めてご説明も可能ですので、その旨お知らせ頂けますとありがたいです。
また、ご連絡先が分かっている方につきましては弊社からもご連絡をさせて頂くことがあると思いますので、その節は宜しくお願い致します。

写真は、弊社の展示ブースの外観です。


「き」業展16 (多治見市ビジネスフェア)
会期 2月1日・2日 10:00~17:00
             (2日は16:00まで)
会場 セラミックパークMINO (多治見市東町4-2-5)
主催 多治見市 、 第16回「き」業展実行委員会
共催 多治見商工会議所 、東濃信用金庫
事務局 多治見市役所産業観光課

「き」業展は、多治見市を中心とする中部一円の企業と起業家等が、自らの技術や独自性をPRすることで、出展社及び来場者のビジネスチャンスを拡大し、広域的な地域経済の活性化を図ることを目的とする展示会です。

使用機材:Nikon D810 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------
プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ