FC2ブログ

月例コンテスト(6月号)の審査をしました

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 地元の組合様から委嘱いただいている、『フォトコンテスト』の審査をして参りました。

 応募作品も、冬から春への変わり目の季節を捉えた作品が多く、南北に長い管内地域を象徴するような気がします。

 年間賞の審査時や誌上コラムの掲載記事(本誌 先月号)にも書かせていただきましたが、今回のブログでは最近問題の多い『著作権』について、もう一度触れます。
広報誌をご覧いただいた方には重なるところがあるかと思いますが、ご了承ください。

著作権は、写真を撮影すると自動的に発生する権利です。これは、日本国の場合、『創作的な写真を撮影した場合、その著作者に対しての著作権』が自動的に認められています。
これは写真家(著作者)の意志で撮影したものだけでなく、写真家に依頼された撮影についても同様です。
また、人物の撮影の場合、写っている人物(被写体)には『肖像権』があります。

撮影する側(写真家)としては、肖像権にも配慮して撮影を行う事が求められます。では、どのようにするか、なのですが、基本的には被写体(写る人)に了承を得ることです。
了承の中身ですが、少なくとも『この作品を誰が撮影し・どの様に使用するか』を明確にしておくと良いでしょう。しかし、一人を撮影する場合ならまだしも、多人数が居る公共の場などでは、現実的ではありません。その場合、写り込まない様にしたり、相手が居なくなることを待つなど、様々な方法が考えられますが、状況にもよるので一概には言えません。
その場合でも写真家にとって確実に言えるのは、『被写体に敬意をもって対応したか』、という事だと思います。
つまり、写真家は写真を撮影することによって【何かを表現する】事になります。その表現に対して、『関係する人に理解を得られる配慮をしたか』という事だと思います。

しかし、実際に被写体となる人物が肖像権を行使できる状況は限られている様です。
実際の判例を見ると、写っていることによって何かしらの損害・被害が生じるなど、の実害が無い場合には肖像権が認められない事が多いからです。

写真家としては、被写体の肖像権には最大の配慮をしつつも、萎縮することなく【表現をする行為】を続ける事が必要と考えます。

入賞作品の詳細は、来月(6月)号でご覧くださいね。
(写真は一部を抜粋しています)

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

多治見通運株式会社 様 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File90
多治見通運株式会社 代表取締役社長 関谷 寛様です。

 明治33年、関谷様のお爺様が名古屋市で運送業を開始、その後中央線の多治見延伸に合わせて多治見を拠点にし、その後一貫して主に通運業を行っています。

 通運業とは、鉄道での物の積み下ろしや運ぶ事業の事で、トラック輸送とは区別してそのように呼ばれています。
多治見駅の駅北部分にコンテナがたくさん置いてあることは気付いていましたが、ここで積み下ろしの業務を行っているのは、多治見通運株式会社様を含めて現在2社のみだそうです。
 
 「昭和40年代頃までは高速道路が無く、鉄道の貨物列車が貨物運送の主力でした。しかし、その後高速道路の発達などで、多くはトラック輸送に切り替えられ、鉄道輸送はごくわずかになっていきました。そんな中でも当社はこの『通運業』を地道に続けてきました。」と関谷様。

 鉄道輸送では、載せる列車の時刻が決まっていることから時間に融通が利きにくい上、鉄道の不通・風水害などの影響を大きく受けるそうです。列車の遅れなどが出たときはどうしても旅客輸送が優先されるので、余計遅れてしまいます。
 トラック輸送のメリットは、そのような待ち時間が少ないこと。そして、列車の時刻とは関係なく、満載になったら出発出来ます。だからこそ、スピードアップと効率化が図れた訳です。
 しかし、温暖化対策によるモーダルシフト(自動車や航空機による輸送を環境にやさしい鉄道や船舶による輸送に転換すること)や人材不足対策として、近年になって急激に鉄道輸送が見直されています。

 「通運業は、特に人と人とのつながりで仕事をしていると感じます。例えば列車の遅延があった時、スムーズに荷物を輸送するには発送側と荷受側の信頼関係が欠かせません。」
信頼を得る為にも、お客様へは出来る限り直接会いに行くように心掛けているそうです。

 2016年12月社長に就任しましたが、各セクションの責任者を中心に社員が生き生きと働いていて、「社員に恵まれている幸運な社長ですね」と、はにかむ関谷様。
「現状、私が居なくても会社は回ります。なので、仕事の環境づくりが私の役目です」と、顔を引き締めます。
「選択を迫られた場合、多くの人が選ばない方を選ぶのが信条」と、関谷様。
「多少のトラブルがあっても、こんな事が楽しめてラッキー」との熱い思いで、従業員が『仕事を楽しいと言える様な会社』にしたいと語ります。

 夢をお聞きすると、「多治見で育ったものとして、多治見への貢献をしなければならないとの思いが人一倍強いと感じています。」と、熱い話が始まります。
 2014年3月、多治見市内の事業所10社でスポーツクリエーション岐阜を設立、同社が運営主体となり、プロバスケットボールチーム『岐阜セイリュウヒーローズ』が誕生。2017年4月からは、日本クラブバスケットボール連盟へ加入しました。選手は20代が中心の若いチーム。全員が地元で仕事をしながらプロ活動をしています。
関谷様もこの事業に関わっています。出資した事業所10社の経営者には、関谷様も含めて誰もバスケットボールの経験者は居ないとの事。だからこそ、続けることができるそうです。「このチームが地元45万人のヒーローになり、地元が良くなってほしいですね」と、笑顔で語られるのが印象的でした。

写真は、本社内にて。事務所内に飾られていた木製の看板と一緒に撮影させて頂きました。「他社様の倉庫内から見つかったものです。わざわざ私たちの元へお返し頂いた事が嬉しいですね。」と、看板を見つめながら、この看板が見て来たであろう歴史を想像しつつ、感慨深げに語られたのが印象的でした。

長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。

名 称  : 多治見通運株式会社
所在地 : 多治見市小泉町1-21-1
電 話  : 0572-20-2500
URL  : http://www.tajimituuun.co.jp/

使用機材: Nikon D4s 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

嵐の去った朝 (JR太多線)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は、テツの日です(笑)。

 警報が出るほどの大雨の翌日、台風一過のような清々しい青空になりました。
堰堤の草や列車も?、強い雨で汚れが流されたのか、とても美しく光っているように感じます。

今回の作品は、そんな輝く風景を狙ってみました。
白い雲が浮かぶ空の下、ステンレス車体の列車が陽の光に反射しながら疾走していきます。

 技法的にはまたしても、私の好きな 「流し撮り」 による撮影です。
そして、「ゆる鉄」 風に柔らかく調整しましたので、ステンレス製の車体がとても優しく反射しています。

次回は、5月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4s 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

下石八剣神社 (土岐市下石町)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今日は風景の作品です。
先日の事ですが、「陶都街並探偵団」 の行事で、土岐市下石町を歩きました。
この会(団?)は、多治見市を拠点に街歩きを楽しむ会です。今回は、下石町界隈の街並みや建物などをガイドさんの案内のもとで歩きました。年数回開催しているのですが、この時期にしてはとても暑い日になりました。

 この日の中では、やはりとっくりの街なので、窯元がたくさんあり、クルマが通れないような路地(道路とは言えない程狭い・・・)も多くあり、往時をしのばせる風景も印象に残りました。
しかし、今日のブログはその中から 「下石八剣神社」です。
ここは少し高台にあるため見晴らしが良く、多少すがすがしい風が流れるような気がします。

 この神社は、室町時代におまつりされ、その後水害などで荒廃するなどの時代もあったようですが、いまもこの地の人々によって守り継がれているようです。

次回は、5月14日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D810 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

Photo.Prism 写真展開催!(多治見市 地球村)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は、広報です。
私が講師を務める写真同好会で写真展を開催しています。

毎年恒例の 『Photo.Prism 地球村写真展』 で、今年で3回目の開催となります。
(会の名前は「フォト.プリズム」と言います。)
例年3月の開催でしたが、地球村の皆様からのご助言もあり、今年は5月のゴールデンウイーク中の開催となりました。
新緑の中、爽やかな風を感じる地球村へどうぞお越しくださいね。

会期が5月に変更された事と合わせて、展示場所も変更して下さいました。
今回は、本館入口を入ってすぐ目の前という、好立地です‼
入口部分をパネルで3箇所に分けて、展示をさせて頂いています。
この時期は宿泊や日帰りの散策などの利用客様が多いそうで、通りすがりのお客様にもご覧いただけています。

写真は、展示会場の様子です。
いつもは、本館の正面でお客様を出迎えている 『トナカイ』 さんも、少し場所を変えて写真展でお出迎えをしてくれています。
※しかも、こいのぼりバージョンです!
会場設営や、場所の提供、それに 『トナカイ』 さんも。
地球村のスタッフの皆様、様々なご協力ありがとうございます。

地球村展では、1月のまなパー写真展とは違い、『地球村での撮影作品』 を共通テーマにしています。
地球村のステキなところを再発見していただけたら嬉しいです。

Photo.Prism 写真展2018 PartⅡ 『地球村展』
会期:2018年5月2日(水)~5月7日(月)
    9:00~17:00(初日は13:00から)
会場:多治見市三の倉市民の里 地球村 本館内
    (多治見市三の倉町猪場)
※会員在廊は10時~17時です

入場無料です。お気軽にどうぞ。

次回は、5月7日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4s 17-35mm f2.8.

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------
プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ