FC2ブログ

月例コンテスト(4月号)の審査をしました

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 地元の組合様から委嘱いただいている、『フォトコンテスト』の審査をして参りました。

 季節が進み、冬から春へと徐々に向かっていることを、ご応募の作品からも感じ取ることが出来ました。
でも、今は春を通り越して、夏と言ってもいいくらいな暑さですね。

 さて、今日はタイトル(画題)についてです。
先月は、「被写体に対しての想い」のお話をしました。
その 「想い」 が、作品タイトルになると思います。
それは、作者の想いかもしれませんし、もしかしたら被写体(写っているもの・人などに)対して感じていた事かも知れません。
いずれにしても、その時の想い・感じた事が、そのままタイトルになってくると思います。

とは言うものの、タイトルを決めるのは、いつも困りものですね。
そんな時は、撮影時にどんな想いで撮影しているのか、その都度明確にしておく事が重要ですね。
漫然と撮影すると、どんな想いで撮影したのか思い出せなくてタイトルが付けられなかったり、作品とは異なるタイトルをつけてしまったりと、残念な結果となります。

入賞作品の詳細は、来月(4月)号でご覧くださいね。
(写真は一部を抜粋しています)

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

コンサルティング・シスト 様 (各務原市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File88
コンサルティング・シスト 代表 伊藤 慎悟様です。


 中小企業診断士・経営コンサルタントとして、企業やその経営者を対象とした『人と企業の戦略アドバイザー』をされています。

 観光バス会社で旅行業務を経験後、地元の商工会議所で経営指導員として地元の経営者と接し、在職中に中小企業診断士の資格を取得、その後独立、現在の事業をされています。
多くの人と接した経験をされたからこそ、経営者自身の想いに寄り添い、じっくりと話を聴くところから始まります。
 
 「私は経営より人に関心があるんですよ」と伊藤様。
 「人の生い立ちや歴史を知る事で、その人の事を深く知ることが出来ると思うんです。その結果として、その人の興味関心を、ご自身の事業にどう生かしていくかを考えています。
 人にはそれぞれ個性や特徴があるので、その人にあった方法を考えないと、どんなアドバイスをしても実行しない。そのことを理解するためにも、私はまずは相談者の方の話をしっかりお聴きしたいです。」

 人に関心があると言われる伊藤様。私も仕事柄か、人に関心があるのですがこれも個性、やはり見方は違うようですね。

 「以前セミナーでお邪魔した地方都市で、ある経営者様から言われたことが印象に残っています。表情がさえないので状況を聞いてみると、親から引き継いた会社なので責任感は持っているけど楽しいとは思えないとのことでした。そこで、どうしたらこの経営者の方の興味特徴を会社経営の中で活かせるかをアドバイスしたら、何か気づいたようで表情が変わっていく姿を見て嬉しかった」というエピソードを語って下さいました。

 「私に会うことが嬉しいと思ってもらえるような存在になりたいです。私と相談した方が、いつか年月が経った時に、あの時、私に会って話した事が、人生の分岐点だったと思って貰えたら、本当に嬉しいです。」

 将来の大人のために、そしてご自身で出来る事を地元で還元されています。
「最近、ボランティアで地元の高校生向けにセミナーを行っています。それは高校生に職業観を持ってもらうためのセミナーです。
 自分自身を振り返ると、高校生の頃に、こんな話が聞ける機会があれば有難かったかなと思って、私の経験を踏まえてお話しています。
 聞いたくれた高校生たちが、私の話をきかっけに、自分自身が心から興味関心が持てることを見つけてほしい。その興味関心を持てることを仕事にすると、入った会社や世の中で活躍できる人が増えていくと思います。その中には私みたいに将来は独立開業したいって人が出てきてもいいと思うんですよね。結局は、人に喜んでもらえる人を増やしていきたいんです。」

 ご自身の理念について伺いました。
「自らの成長を通じて、目の前の人の役に立つ」です。
「これからも自分を成長させ、人の役に立てる確率を上げたいと思います。そのために自分への投資を続けたいと思います。」

 この日も私の取材の後で予定があるようで、正に分刻みのスケジュールをこなされています。

 最後に、伊藤様の想いを語っていただきました。
 「独立して10年続けてきて今更ながら思っていることなんですが、結局は、働いている人たちがどんな気持ちで働いているかが経営に表れると思います。
 一人で経営されている方はその人自身だし、組織で経営をされている会社なら、一人ひとりの気持ちの総意が商品やサービスになって表れると思います。それはお客さんたちにも伝わると思います。
 経営者の方には、自分自身や一緒に働く従業員さんたちがどんな気持ちで働いているかを意識しながら経営を行うことを大切にしていってほしいです。」


 今年9月に創業10周年を迎えられる伊藤様。私自身も何度もセミナーなどでお世話になっています。
 今回初めて伊藤様のオフィスにお邪魔させていただきました。各務原市のJR鵜沼駅から徒歩でも5分程度でしょうか?閑静な住宅街の中に在ります。マンツーマン指導を受けたい経営者向けに用意したスペースとの事です。
実は、この辺りは私が子供の頃に住んでいた場所なんです。オフィスの近くにある幼稚園に通っていた様なかすかな記憶もありますし。そんな思いで、伊藤様にお話しをすると、「もしかしてそのまま林さんがここに居たら、子供の頃から知り合いだったかもしれませんね」と。そうですね、年齢も一つしか違わないし、校区も同じ様なので、そう考えると不思議なご縁がありそうです。私自身もこの地でお仕事をされている伊藤様を、更に身近に感じるようになった一日でした。

 写真は、伊藤様のオフィスからも程近い、木曽川河畔にて、愛車と一緒に撮影させていただきました。
 6年前に購入されたそうですが、「いつか乗ってみたいと思っていたクルマだった」と、以前にお聞きしたことがあります。
私もクルマは好きなので、喋り出したらお互い止まらないと思いますが、今日はその話は封印しました。でも、この車を大切にしておられる雰囲気はクルマへの接し方からとても伝わってきました。

 話は戻りますが、ちょうどこの日、川の向こうにある犬山城にしゃちほこが取り付けられました。(昨年の落雷で破損していたので)写真撮影の際には気付いていませんでしたが、あとでテレビを見て分かりました。どうりで、見物人が多いと思っていました。
このブログを公開する頃には、ここの桜もほころび始める事でしょうね。

長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。


名 称 : コンサルティング・シスト
所在地 : 各務原市鵜沼東町8-58 ラ・ミエスタ101
電 話 : 058-370-3374
URL : http://www.sisst.jp/
E-Mail : ito@sisst.jp

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

時が動き出す (JR)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今日は、テツの日です。

山の合間の駅にやってきました。
日差しは少し春めいてきましたが、山の景色も駅の構内もまだ寒々とした雰囲気で時間が止まっているようです。

そんな中、ちょうど乗客が降り立ちました。
電車と共に、一瞬だけ時が進んだかのようです。

次回は、3月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 80-200mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

あの日から7年・・・

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 前回のブログで、次回は3月14日に更新と書きましたが、その前に失礼します。
やはり、この日に何も書かない訳にはいかない・・・と、思ったからです。

 そう、タイトルにもあるように、今日で七年経ちました。
 震災当日は金曜日だったと思いますが、とある建物の建築中(上棟式)の現場に居ました。
あまりにも長時間のゆっくりとした揺れで、建てたばかりの柱が倒れるのではないか?と、
不安になったのを思い出します。

 毎年この時期には、震災関連の番組が増えます。
今年の番組を見ていると、復興は勿論ですが、7年経っての生活基盤の変化や人口減少に悩む市町村の話が多くなっているように感じます。
あまりにも大規模な工事が必要なためなのか、復興が進まず、その期間が長い事で既に生活基盤が避難先に出来てしまった・・・。と、言うような内容が印象に残っています。
本末転倒な話のようですが、これが現実なのですね。

 元に戻るのは難しい。でも心にだけは希望が常に芽生えるよう、私たちも取り組んでいかなくてはと思います。
でも、口で言うのは簡単ですが、何をすればいいのか。ただの市民には未だに分かりませんが、忘れないことが重要な事の一つであると、私は考えています。

 今日の作品はまだ寒い時期のものですが、氷結した石垣です。
私のオフィスのある「コ・ラボ多治見」の脇の石垣なのですが、あまりの寒さで氷結してしまったのです。
普段から石垣の表面が湿っている事は気づいていたのですが、その水が凍ってしまったのですね。
やはり、ただ湿っているだけではなくて、ちゃんと水が湧き出してきているんだと、今更ながら理解しました。

 この辺りはもう温かくなってきましたが、東北や飛騨地方などでは、まだまだ寒い日が続くのでしょう。
震災の日も、こんなに寒かったのでは・・・と考えると、避難所での暮らしなど私たちには想像を絶する大変さがあったのだろうと思います。

次回は、3月14日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D810 80-200mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

普賢寺 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今日は、風景の作品です。
写真は、多治見市大原町にある「普賢寺」の「鐘楼門」です。
弘化3年(1846年)に、多治見市池田出身の名工 野村作十郎が再建したものです。

平成26年12月18日に多治見市指定有形文化財に指定されました。
現在のものは再建であるため、以前にも同じ場所に鐘楼門が建っていたようです。
ちなみに鐘楼門は、多治見市では唯一のものとなります。

伊勢湾台風で、隣にあった木が倒れたことによって鐘楼門が傾いたようですが、修復し現在に至っています。
写真では見にくいのですが、大きな屋根の下部分(2階部分というのでしょうか?)に現在も鐘楼があります。
撮影当日は雲行きが怪しく、今にも雨が降りそうでしたが、偶然にも青空が一瞬出ました。

次回は、3月14日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 17-35mm f2.8.

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------
プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ