FC2ブログ

バームスピッツ洋菓子店 様 (可児市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,中濃,フォトグラファー,可児,林,まさしパーミルフォトオフィス,パーミル,はやし,林政司
今回は経営者様の取材写真です。

File116

 バームスピッツ洋菓子店 店長 服部 和汎様です。

 卒業後、名古屋市内の洋菓子店を皮切りに洋菓子一筋でやって来ました。『当時は就職難。ガスもほとんどない時代。薪で火を付け、ケーキの生地を作っていましたよ。とにかく若い人間が多い時代、仲間に負けたくない一心で仕事を覚えていきました。』
その後、腕を見込まれ洋菓子店を任されるなど、名古屋市内を中心に大活躍されました。

 『この世界で生きていて、やっぱり自分の店が欲しい』との思いで、現在の店をオープンしたのは昭和61年10月21日。
『頼まれたものは全てやる。誠意を尽くす。そして、負けたくない。』の職人魂で洋菓子を作り続けて、可児市内だけでなく多くのお客様に喜ばれています。

平成22年(2010)7月15日の可児市内の豪雨では、この店も浸水被害に遭いました。
この時は店内のショーケースが使えなくなり、ショックが大きかったのですが、お客様の声と取引業者様の協力で、再びオーブンする事が出来ました。

 今年で80歳、店をオープンして35年を契機に、ここで閉店する事を決めました。
『ホッとする反面、寂しいですね。そして残念です。』と、常に笑顔だった表情が、この時だけは一瞬曇りました。
『でも、信用第一。どこにも迷惑を掛けずにやってこられた事は胸を張れますね。』
取材をさせて頂いた私自身もそう言える様、努力を続けねばと、肝に銘じて取材を終えました。

撮影作品は店内、開店当初から35年間使い続けたオーブンの前で撮影させて頂きました。
『このブランドのオーブンは、ケーキ職人なら一目置いている、良い窯なんですよ』と誇らしげな表情を見ていると、まだまだ現役でいて欲しいと願わずにはいられませんでした。

お忙しい中、誠にありがとうございました。

※バームスピッツ洋菓子店は、2020年8月30日をもって閉店されます


名 称 : バームスピッツ洋菓子店
所在地 : 可児市広見1854

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
https://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
https:// permillkei.exblog.jp

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

美濃源氏フォーラム事務局本部 様 (瑞浪市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,中濃,フォトグラファー,可児,林,まさしパーミルフォトオフィス,パーミル,はやし,林政司
今回は経営者様の取材写真です。

File115

 美濃源氏フォーラム事務局本部 理事長 井澤 康樹様です。

 平成3年(1991)5月、美濃源氏土岐氏に関する探求の場として設立、今年で30周年となります。その間、美濃源氏土岐氏の歴史検証やその歴史を生かしたまちづくりを趣旨として続けています。
歴史検証の活動では、今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の実現が最近の大きな話題です。
また設立30周年を記念して、土岐源氏発祥の地とされる瑞浪市内の八幡神社に土岐光衡の像を建立しました。
まちづくりとしては、「瑞浪七夕まつり」が「美濃源氏七夕まつり」に名称変更し、土岐氏の婆娑羅精神を活かすことを提案したことにより、「バサラ瑞浪」と命名し今も開催されています。

 井澤様は株式会社井澤商店 代表取締役会長として現役第一線です。
昨年9月には、LPガス集中監視100%を、販売店では日本で初めて達成するなど、「熱い」活動を行っています。

「大河ドラマでは、視聴率20%としても、日本国内で約1,000万人がドラマを見ている計算になります。この方たちが、いかに美濃源氏土岐氏に興味を持って、瑞浪市に来ていただけるかを考える事が、これからの我々や、まちづくりとしての課題ですね」と、語ります。

撮影作品は、事務所内にて。
美濃源氏フォーラム30周年を記念した冊子「美濃源氏土岐一族と明智光秀」をお持ち頂いての撮影です。

お忙しい中、誠にありがとうございました。


名 称 : 美濃源氏フォーラム事務局本部
所在地 : 瑞浪市寺河戸町1238-2
URL : http://minogenji.html.xdomain.jp/
E-Mail : minogenji-tokiichizoku@docomo.ne.jp
電話   : 0572-68-3143

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
https://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
https://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

株式会社熊谷設計 様 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,中濃,フォトグラファー,可児,林,まさしパーミルフォトオフィス,パーミル,はやし,林政司
今回は経営者様の取材写真です。

File114

 株式会社熊谷設計 代表取締役 稲垣 達也様です。

 岐阜県多治見市で建築の設計・監理をされています。
「個人住宅から公共施設までと多様なタイプを業務範囲としています。その分、毎回ゼロからの出発で初心者として臨む真剣勝負みたいなものです。」

「建築は完成すると長く残り、多くの人たちの目にさらされることになることから、自分なりに納得がいくまで突き詰めたものを提案しなければならないと思っています。そのために打合せ時には施主からの本音としての要求を読み取りその土地にあったものを探し続ける、という作業を繰り返しています。そのルーティンを施主と設計から、工事期間ずっと一緒に巡ることで建て主は元より不特定多数の人たちにも受け入られ可愛がられることで、長く使いながら残したいと思ってもらえる建築物を作り続けたいと思っています。」

そして「計画案を提出するには様々な見識が必要だと感じています。そのため常に情報収集を怠らず、興味を持った建築や街並みの視察にいろいろな地域を訪ね歩いて、提案する引出しを更新しています。」

今後の抱負は、「これまで通り丁寧に建築を創り続けるともに、スタッフは元より建築に携わる『人材』を育て、建築好きの人を増やしていきたいですね。」還暦も近い年になったことで、大層な言い草はご容赦頂きたいと、照れながら語られました。

撮影作品は、事務所内にて。
真剣に建築に向き合う姿が美しいと感じました。

お忙しい中、誠にありがとうございました。


名 称 : 株式会社熊谷設計
所在地 : 多治見市上野町1-26 カサヒカリⅡ202
URL : http://www.c-5.ne.jp/~kuma-arc/
E-Mail : kuma-arc@mail.c-5.ne.jp
電話   : 0572-22-0023

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
https://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

株式会社東濃新報社 様 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,中濃,フォトグラファー,可児,林,まさしパーミルフォトオフィス,パーミル,はやし,林政司
今回は経営者様の取材写真です。

File113

 株式会社東濃新報社 代表取締役 野村 理華子様です。

岐阜県東濃地方を中心とした新聞発行業をされています。
「実際には【地域新聞業】であるとの思いですね。私達の仕事はこの地域が元気じゃないと成り立たないからこそ、この地域に根付いた活動を行おうといった思いが強いですね。」
【地域に活かされ、支えられている業種】との思いから、地域新聞業から更に発展して【地域業】と勝手に名付け、活動していると笑う野村様。
「この思いじゃないと、わが社の存在価値が無いですね。」と真面目な表情で語ります。

インターネットの発達等により、個人が自由に発信できるようになりました。それもあり、新聞が電子媒体に取って代わられると言われて久しいですが、そんな時代だからこそ、もっと違う切り口・内容が突出していれば、必要としてくださるとの思いで日々取材活動を行っています。
実際に、「地元で頑張っている東濃新報を応援したいから広告を出すよ」と、話して頂ける地元経営者様も多く、励みになっているそうです。

今後の抱負は、【地域業】として何をしていくのか?ここを突き詰めていく事と、地元の皆さまに応援して頂いている事に更に応えていきたいし、それによって公共性を果たしていきたいですね。


撮影作品は、取材現場にて。
「商売道具」でもある取材手帳を手に撮影させて頂きました。
「普段取材する側だから、恥ずかしいですね」と、照れながらポーズをとって頂きました。

お忙しい中、誠にありがとうございました。


名 称 : 株式会社東濃新報社
所在地 : 多治見市音羽町4-11-1
電話   : 0572-22-4306

使用機材: Nikon D4 70-200mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
https://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

株式会社C-POWER 様 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,中濃,フォトグラファー,可児,林,まさしパーミルフォトオフィス,パーミル,はやし,林政司
今回は経営者様の取材写真です。

File112

 株式会社C-POWER 代表取締役 肥田 和明様です。
障害福祉サービス、総合ITデザインの各事業をされています。

2002年2月、TOTAL DESIGN C-POWERを創業、その後2008年6月に法人化しました。

元々は「自分が食べていく為に」始めたという肥田様。
その後、売上を増やし、安定してきたところで体調を崩した事がありました。その時思った事は、「自分が居なくても仕事が進むように」ということです。そのため、自分自身で法人化の準備を行いました。
「自分自身の名前(和明様)の由来は、明るく朗らかに、そして元気に育って欲しいとの親の願いによるものです。その名前の通り活動し、社員も増えました。」

今後の抱負は、「人をたくさん雇用する事。そして、お客様の売上げに貢献できたら嬉しいですね。」さらに続きます。
「多治見の人口の10%は、うちの社員ですと、言ってみたいですね。だってホントにそうだったら面白いですからね。」と、楽しそうに語られます。
「私は楽しい事が大好きなんです。なので、社内もこんなに楽しそうでしょ?」と、自慢の社員に囲まれながら笑顔で話されます。

撮影作品は、本社内にて。
プレゼン用ボードの前でポーズを取っていただきました。
社内はとても明るく賑やかな雰囲気で、
C-POWERスタッフ様が、私を逆取材される中、撮影させて頂きました。

お忙しい中、誠にありがとうございました。


名 称 : 株式会社C-POWER
所在地 : 多治見市大正町1-4-2
URL  : https://www.c-power.jp/
電話   : 0572-24-5187

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
https://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

たのしい株式会社 様 (八百津町)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,中濃,フォトグラファー,可児,林,まさしパーミルフォトオフィス,パーミル,はやし,林政司
今回は経営者様の取材写真です。

File111
 たのしい株式会社 代表取締役 山内 恒治様です。
介護福祉、訪問鍼灸マッサージの各事業をされています。

平成23年(2011)8月に開業、デイサービスを現在加茂郡八百津町(本社)、美濃加茂市の2事業所、訪問鍼灸・マッサージ治療院を美濃加茂市の1事業所で行なっていて、今年の8月には開業9周年を迎えます。

元々「地域に喜ばれる事業を起業したい」との思いがあったという山内様。
30歳を機に一念発起し、四国のお遍路に旅立ちました。重さ20kgのナップザックを背負って歩き約40日で満願、高野山のお礼参りを終えたのが、平成22年(2010)のクリスマスでした。
ここでの経験から「思った事は全て叶う」と実感、その後の経験に大いに役立ちました。

翌年3月11日に東日本大震災が発生、その時間、デイサービスの見学をしていたのですが、この時に「自分もデイサービスで起業しよう!」と決意しました。
なぜなら、デイサービスを行う事で、高齢者が元気でいられ、症状の悪化が減らせる事が自分の経験で分かったからです。「仕事も人生も楽しい方がいいし、辛い中にも楽しさを見つける事が出来るのがいいな」と感じたそうです。
そして、同年8月には早くも開業。翌年の開所へ向けての準備を始めました。
その後は、来所者様や従業員らにも恵まれて、上記の通り八百津町、美濃加茂市で3事業所を開所され、現在に至っています。

今後の抱負は、「地域に必要とされる会社にしたいですね。そして、利用者様とそのご家族様、そして従業員を含めてみんなが幸せになればいいなと考えています」と、熱く語られました。

撮影作品は、ありがとサン八百津(デイサービス施設)にて。
「ここが最初に開所した事業所です。元々空き家だったのですが、内装業の父と自分達だけで改装した手作りの空間なので、特別な思いがある場所ですね」と、笑顔で語られたのが印象的です。
木造で古民家風の内装のほのぼのとした雰囲気を生かすように、撮影をさせて頂きました。

お忙しい中、誠にありがとうございました。


名 称 : たのしい株式会社
所在地 : 加茂郡八百津町八百津3862-2
URL : https://arigato3-tnsi.jimdofree.com/
電話   : 0574-50-2000

使用機材: Nikon D810 17-35mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
https://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

株式会社サカエ屋 様 (可児市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,中濃,フォトグラファー,可児,林,まさしパーミルフォトオフィス,パーミル,はやし,林政司
今回は経営者様の取材写真です。

File110
 株式会社サカエ屋 代表取締役 大脇 慶二様です。
可児市の中心部広見にて、総合衣料品小売業をされています。


大正2年(1913)お祖父様が可児市広見地内にて呉服、反物商を創業。
昭和29年(1954)現社名にて設立。衣料品を主体として営業開始。
昭和58年(1983)現在地付近(バロー広見店隣地)に移転、現店舗は平成18年(2006)にオープン。
平成15年(2003)にお父様の後を継いで、3代目代表取締役に就任。

平成25年には、創業100周年を迎え、ネットショップ(楽天ショップ)をオープンしました。
「100周年で新しい事にチャレンジしていく必要があるとの思いで行いました。お陰様で週間ランキング1位をタオルのジャンルで3カ月連続獲得など、ご好評を頂いています。」

「先日のことですが、1件の仕入先様が廃業されました。父の代以前からお世話になっていた事業社様ですから、とても残念でしたが、『守る』という事が、如何に大変なことかを思い知らされました。」
ここからも、新しい事を取り入れて変化していく重要性を痛感したそうです。「私は常に変わることこそが成長する秘訣と考えています。何もせず止まっていては衰退が始まるだけだと思います。」

変化する事が必要との話の後で、逆に守るべき事があると言われます。
それは、「家族とこの地域」です。この二つを守るために事業をやっていると言っても過言ではないとのお考えです。
そして、社員に対しては、「このお店で仕事をする事で、幸せになって欲しいですね。お陰様で当社では10年以上長く勤めて頂いている方が多いです。楽しく仕事をして頂いているのではと思っています」と、笑顔で語られます。

今後の抱負としては、「このあと100年をどう繋いでいくかを考えながらその橋渡しをしていく事ですね。」と、語られました。


撮影作品は、バロー広見店の店内にて。
戦国武将 明智光秀の関連グッズ販売コーナーの前で撮影させて頂きました。
「可児市は戦国武将明智光秀の生誕地と言われています。それに関連して、この商品を自社にて企画・制作・販売しています。この商品で地元の盛り上がりに貢献できるといいですね。」と、笑顔で語られました。
先日開館した、可児市内の大河ドラマ館でも明智光秀グッズとして販売されているそうです。
お忙しい中、誠にありがとうございました。


名 称 : 株式会社サカエ屋
所在地 : 可児市広見2007-1
URL  : http://www.sakaeya-3.com/company.html
電 話 : 0574-62-0036

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
https://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

リビング市原商事有限会社 様 (可児市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File109
 リビング市原商事有限会社 代表取締役 市原 崇光様です。
「親切と安心」をモットーに、可児市の中心部・広見地内で工具・建築金物小売業をされています。

昭和14年(1939)お祖父様が創業した木材業が前身。昭和27年(1952)お父様の市原崇好氏が金物販売業を開設しました。昭和56年(1981)に市原産業株式会社金物部が現在地にリビングイチハラを開店。昭和57年(1982)に市原産業株式会社から独立して現在の体制になりました。

まだ子供で小さかった頃のお話ですが、昭和34年(1959)の伊勢湾台風では、(当時の)可児町内も大きな被害を受け、可児町の水道指定業者第1号として、町内の復興にあたったそうです。
また、お父様は毎月20日以外は働き詰めの中、夏は海、冬は下呂温泉へ連れて行ってもらったのが毎年の楽しみだったそうです。また、自身が中学生の頃から休みの度に手伝ったのですが、苦楽共にあったそうで「自身の社業とは何かを身体で自然に体得していたと思いますね。」と、当時を懐かしく話されます。

その後、ご自身が33歳の春(1988)、社長に就任。その時、「親に勝とうと思うな」と言われたのが印象的だったそうで、併せて「会社を大きくするのではなく、良くしていくこと。そして長く続けること。」との思いを受け継いでいます。
これは、会社を大きくするのは誰でも出来るが、中身を良くするのには知恵がいる。つまり、頭のいい経営者になれ、との先代の教えだったそうです。
その思いを形にして、事務所や休憩室をリフォームしたり、社内勉強会を開催したりと、社員のスキルアップや働きやすい環境整備にも尽力しています。

「お客様は個人の常連客も多くいらっしゃるのですが、プロの方も多くご来店頂いています。お客様のご希望に応えようと、朝7時から20時まで(土日祝日は19時まで)常にお店を開けています。(年始3日間休業)」
「社員には、『お客様に頼まれたら、まずは考える』様に指導しています。お客様のお困り事を解決する事で初めて、お客様に安心して頂けますからね。」と、語られます。

今後は、「後継者に任せるまでのもう少しの間、頑張ろうと思いますよ」と、自然体で話されるのが印象的でした。
昨年(2018年)11月から、可児商工会議所の副会頭に就任されました。
先代(父の崇好氏)は、初代会頭を務められましたので、2代続けての要職就任となります。私(弊社)も当所の会員ですので、今後ともお世話になります。

撮影作品は、店舗内にて。
「マキタの電動工具の展示コーナーを設けています。常時200台の商品を展示していますが、全部自社で買い取った商品なので、安心してじっくりと見て頂きたいですね。」と、笑顔で語られました。
長い時間、誠にありがとうございました。

名 称 : リビング市原商事有限会社
所在地 : 可児市広見848-10

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
https://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

ADS絆株式会社 様 (坂祝町)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File108
 ADS絆株式会社 代表取締役 古田 友好様です。
一級建築士として主に住宅などの設計・監理をされています。


社名のADSとは、Architectural Design Studio (建築設計事務所)の略。
絆とは、関係するビジネスパートナー(協力先事業所)や、お客様との絆を大切にしたいとの思いから名づけられました。それは、建築は様々な人が動く事で初めて完成する事が出来るから。「一人では建築は完成しない」との信念によるものです。

これまでも多くの建築設計に関わってこられ、建築設計士冥利に尽きる事があったそうです。
「今まで、2~3年に1度くらいの頻度で、私をご指名してくださるお客様のお仕事をさせて頂きました。それは、他のお客様からのご紹介を頂けた事が大きいのですが、とても嬉しく、ありがたい事と感じています。何故なら、私の設計した建築に共感してもらえたという事だと思うからです。そうしたお客様がいらっしゃることが、とても光栄な事ですね。」

古田様は、主に住宅設計が得意との事。そんな中でも、デザインや材料など、常に変化している技術を使い、新しいものに挑戦したいと考えています。
「ハウスメーカーの場合、モデルハウスがあって、それを見た方がお客様になります。なので、この家のイメージに固定化されてしまいます。つまり、それはモデルハウスのコピーを作らないといけない事になります。」
それを回避する為に、自らあらゆる情報を入手したり、調査するなど、大きな手間が発生しますが、その手間を惜しんだら今以上のものは出来ない、と考えています。だからこそ、常に情報入手のアンテナは張り続けたいとの思いでいます。

これからの抱負として、「この業界の中で専門誌に私が掲載されるなど、知名度が上がる事でよりお客様にも喜んで頂けるといいなと思っています。」と、静かな中にも熱く語られました。


撮影作品は、本社屋玄関にて。広い玄関に、とても大きな花瓶があり、お花が活けてあります。このお花のおかげでしょうか、この玄関にとても優雅な雰囲気が漂っていました。奥様がお花をされるそうで、この雰囲気が納得できました。とても素晴らしいものを拝見した思いがしました。緊張される中、誠にありがとうございました。

名 称 : ADS絆株式会社
所在地 : 岐阜県加茂郡坂祝町酒倉1038-4
電話   : 0574-27-5406
Eメール : a-d-s.kizuna@outlook.jp

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

株式会社エネファント 様 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File107
 株式会社エネファント 代表取締役 磯﨑 顕三様です。

「地域エネルギーベンチャー」として、エネルギーを通じて地域社会に貢献したいと考え、多治見市で事業を行なっています。

まずは、磯﨑様に事業を始めたきっかけを伺いました。
「現在、エネルギーの源は化石燃料が大半を占めています。しかし、そのエネルギーを得る為には、3億年も掛かっています。それを、『今出来たエネルギーを今使えばいいじゃないか』と私は考えて、事業を興しました。」
更にお話は続きます。
「実は、世界の年間消費エネルギーを、1時間分の太陽エネルギーでまかなうことが出来るとの試算があります。(出展:太陽光発電協会)
また、太陽エネルギーは化石燃料と違い、枯渇する心配がありません。
世界の紛争はエネルギー問題によるものも多いので、太陽エネルギーで平和な世の中に出来るのではないかとも考えたのです。」
化石燃料の成り立ちは既知の事実ですが、そこから事業の発想を得られたことに驚きました。

 事業としては、以下の3事業をされています。
一つ目は『再生可能エネルギー事業』として、住宅等で太陽光発電、その場所で消費という「エネルギーと距離の最短化」をビジョンとしています。多治見市内を中心に多くのお客様にご利用を頂いています。

 二つ目には2018年10月、新たに経済産業省から小売電気事業者の認可を受け、発電した電気を小売する事業を開始しました。『たじみ電力』と命名しています。

そして今年、三つ目となる『多治見で働こCAR』と名付けたレンタカー事業を開始しました。
地元企業とエネファント様がレンタカー契約。契約した地元企業は、社員にクルマを貸与するというもの。車離れと言われて久しい若者には、車を保険料等わずかな負担のみで貸出します。地元企業はそれによって通勤費用等の経費負担が減るばかりか、給与の使い道に余裕が出来る若者の生活を応援する事が出来るというスグレモノ。そして人材不足の昨今では、実質的な給与が増えるこのシステムを採用する事で、企業の人財採用の大きな武器にもなると考えられます。
これも、エネファント様が地元に根ざした電力会社だからこそ発案・実現可能なものですね。
この事業は、たじみビジネスプランコンテスト(2019年2月)にて特別賞を受賞しています。(主催:多治見市)

 最後に、あえてベンチャーと名乗っている理由を尋ねました。
「私は先にお話しした通り、弊社をベンチャーと考えています。ベンチャーとは、【道が無いところに道を作っていく】と言った意味がありますが、現代は企業のサイクルが早く、変化の最前線にいるからこそ、波を自分達で起こしていく覚悟を持って日々取り組んでいます。」

将来は、多治見市を日本で一番エネルギー費用が安い街にしたいですね。と、気負いも無く語られる様子を目の当たりにして、磯﨑様は近い将来、いとも簡単に達成してしまうのでは?と、この事業への大きな熱意を感じました。


撮影作品は、エネファント様の外にて。社屋には多治見市のマスコットキャラクター「うながっぱ」が鎮座していますが、ここを背景に撮影させて頂きました。
撮影開始とともに雨が降り出す中、磯﨑様の「いいですよ!」の声に甘えて、そのまま撮影をさせて頂きました。雨の降るなか、ありがとうございました。

名 称 : 株式会社エネファント
所在地 : 多治見市下沢町3-35-1
URL : https://enephant.co.jp/
電話   : 0120-10-9336
Eメール : info@enephant.co.jp

使用機材: Nikon D4 70-200mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

株式会社山商運輸 様 (可児市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File106
 株式会社山商運輸 代表取締役 山本 一輝様です。


可児市で運輸業を営んでいます。
今年で創業35周年を迎えます。

経営理念として掲げている以下の3点が当社の思いでもあります。
・1創業の精神
事故は当社の大敵、とにかく事故をしないこと。
そして、初心を忘れない事。これが第一の思いです。

・2お客様の満足
お客様に寄り添い、お困りの箇所があればすぐに手助けをして差し上げること。

・3社会への貢献
安全な輸送をする事も大きな社会貢献だと思っています。
また、私たちを育んでくれたこの地域に貢献し、地域活性化のお役に立てればと願っています。
今回完成させたラッピングトラックはその一環です。このトラックが全国を走る事で、可児市がPR出来たらとても嬉しいですね。

今後の抱負として、更なる社会貢献として、ラッピングトラックを増車したいですね。
それと、今までも同じ思いなのですが、当社のトラックがマナーの模範となる様にしたいですね。と、熱く語られました。

 撮影作品は、先日可児市役所にて開催の『ラッピングトラック完成お披露目会』会場にて。
「社会貢献の一環として、全国各地を丁寧に廻っている当社のトラックで、愛着のある可児市のPRを手伝えないかと考え完成させた、可児市初のラッピングトラックです!トラック側面には、可児市が生誕地である 森蘭丸、国史跡の美濃金山城跡。反対側には、来年の大河ドラマの主人公、可児市が生誕地とされる 明智光秀、可児市内にある 花フェスタ記念公園 などを大きく描いています。見かけたら、是非とも手を振って欲しいですね。」
山本様が、「折角ならこの角度で撮って欲しいです。」と言われたので理由を伺いました。
「この作品に写っている左上のキャラクターは、『バラんまる』と言って、可児商工会議所青年部のマスコットキャラクターです。その下に描かれているのは、可児市土田で毎年4月に開催される『可児市重要無形民俗文化財 白鬚神社流鏑馬祭』での騎手と馬です。どちらも、もっと多くの方に知ってもらいたいと願っています。」
ちなみに、弊社(パーミルフォトオフィス)にて、この式典及び記念写真の撮影もさせて頂きました。また、この日の様子は、当日のNHKニュースや各新聞社の紙面でも大々的に発信されました。

撮影の際の緊張しつつも晴れやかな様子が、トラック完成迄のご苦労を物語っているかの様でした。長時間にわたり、ありがとうございました。


名 称  : 株式会社山商運輸
所在地 : 可児市坂戸643番地
URL  : http://www.yamasho-unyu.jp/
電 話 : 0574-62-2094

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

丸山陶器株式会社 様 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File105
 丸山陶器株式会社 代表取締役社長 安藤 英利様です。

 多治見市のオリベストリート近くの陶磁器卸商社(産地問屋)です。丸山安藤商店として大正13年に創業、3代目の経営者様です。
「多治見には陶磁器問屋が約150店あります。それぞれの店舗に取扱い商品などの特徴があるので、問屋同士でのライバルは居ませんよ。」と話されます。
丸山陶器様は業務用食器、中でも百貨店や陶磁器専門店、料理店などへの卸が中心です。
「お客様の欲しがる商品を作り、いかに提案していくか。我々が常に意識している所です。」お客様との感覚が合えば良い提案が出来るので、その感覚を研ぎ澄ますように日頃から意識しています。

 『私たち陶器商が、食文化を担っている』との思いで、陶磁器卸商社としての業務以外にも、様々な活動を行っています。
「近年、家庭の食生活が乱れていると感じます。個食化、外食化、中食化が進み、家族だんらんが少なくなっているのです。多治見市は美濃焼の主産地。『美濃焼が日本の食文化に彩を添えて発展してきたこと、家庭の食卓が「食育」をはじめ、家族団らんなど様々な役割を果たしていることを今一度見つめなおし、美濃焼をもっと使っていく機運を盛り上げていく必要がある』と考え、平成26年に『多治見市美濃焼を使おう条例』を制定するために尽力しました。」
「この条例に関連して多治見市では、美濃焼を積極的に使っている市内飲食店を巡るスタンプラリーも行っているので、ぜひ活用してほしいですね。」
この『美濃焼グルメラリー』は、今年9月1日から来年3月1日まで行われます。今回が4回目の開催です。
「このほかにも、学校給食でお皿を置く位置も教えています。『茶碗が左、右が吸い物、おかずが奥』といった具合です。」

 「学校卒業後、消費地問屋(消費地に近い問屋)に丁稚奉公に行き、その時に学んだことがあります。それは『どうやったら人が喜んでくれるか?』という事です。」
昨年からは、多治見陶磁器卸商業協同組合(多陶商)担当理事として、オリベストリート内にある『陶都創造館』の運営なども行いながら、忙しい日々を送っていますが、全てはこの言葉に尽きると考え、職務に励んでいます。


 写真は本社内の店舗にて。
「5年程前から自社の小売店の一角に『駄菓子屋』を作りました。子どもたちの居場所を作りたいと思ったからです。このようなお店は、社会勉強にも丁度いいと思いますよ。おこずかいの中で自ら考えながら買うということは、親と一緒の買い物ではなかなかできない体験だと思います。」
このようなお店で「今後は小売りにも力を入れていきたいですね」と語る笑顔が印象的でした。


長時間にわたり、ありがとうございました。


名 称 : 丸山陶器株式会社
所在地 : 多治見市常盤町20
電話   : 0572-22-5261

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

司法書士古畑佑樹事務所 様 (美濃加茂市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File104
 司法書士古畑佑樹事務所 司法書士 古畑 佑樹様です。

 司法書士として、『不動産登記業務』、『商業・法人登記業務』、『成年後見業務』を中心とした業務を行っています。

 「私は大学在学中に、恩師から薫陶を受け、司法書士を志しました。」と、優しい声ですが、その当時の気持ちを思い出すかのように、しっかりとした口調で話されました。
事務所には幾冊かの恩師の著書がサイン入りで置かれていました。
恩師のこと、そしてその当時のご自身の初心を忘れずに業務に励まれているご様子が伝わってきます。

 「登記は国民の権利を守るための、とても重要な制度です。金融機関からお金を借りる時、家を建てる時、誰かが亡くなった時など、人生の要所要所で必要になってきます。だからこそ、もっと皆さんにも登記の事を知ってもらいたいですし、身近な登記手続きを通して社会に貢献したいですね。」と、笑顔ですが、爽やかに淡々と語られます。
実際の登記に関する業務には、複数の士業が関わることが多いそうで、古畑様も幾つかの土地家屋調査士事務所、司法書士事務所で修業をされたそうです。
「事務所所在地や経営者の得意分野などによって、事務所ごとの特徴が出てきます。幾つかの事務所を経験すると、様々な業務を経験でき、とても良い刺激にもなりました。」

 もう一つの業務『成年後見業務』についてですが、司法書士の先生方の多くは、『公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート』の社員になった後、この業務を行われているとのことです。
「後見業務の特徴は、決まった答えの無い部分が多いことです。案件により、前提条件もまちまちですので、後見人は日頃からバランス感覚を養い、何らかの判断が要求される度に、最善の方法を考えながら業務を遂行する必要があります。
これらの業務を通して、今後司法書士が果たす役割はさらに重要になってくると思います。後見業務の需要も増加していますし、少子高齢化とも相まって、空き家問題、所有者不明土地問題など、市民の生活にも直接影響を及ぼす問題も増えています。」

 お話を伺って、どちらの業務もとても複雑で、司法書士としての知識が重要なのだろうと思いました。
今後について古畑様は、「定型の仕事は無くなっていく運命にあると思います。
今後も司法書士の制度を通じて社会に貢献するためには、ニーズを的確に把握すること、そしてそれに応え続けていくという姿勢が不可欠だと思います。そのためにはサービスを提供する私たちも変化し続ける必要があると考えています。
数年後、この業界がどうなっているのか私には想像もつきませんが、大きな変化を楽しみながら、勇気をもって対応できたらと思っています。」
爽やかな笑顔の中でも、一点を見ながら熱く語っていただきました。


 写真は事務所にて。
植物を育てるのが趣味という古畑様。緑に囲まれゆったり出来るステキな相談スペースでした。
「業務の考えを整理するのに、植物の世話はちょうどいい気分転換です。」と、優しく話されたのが印象的でした。


長時間にわたり、ありがとうございました。


名 称 : 司法書士古畑佑樹事務所
所在地 : 美濃加茂市太田町843番地1 東校グリーンハイツ202号室
URL : http://furuhata-office.com/
電話   : 0574-48-8933

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真の著作権は、当方が所有しております。
  文章・写真単体の転載・複製等は禁止しております。
  ブログのリンクは了承致しますが、当方の励みにもなりますので
  その旨をお知らせ下さるようお願い申し上げます。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

一級建築士事務所 iie design 様 (可児市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File103
一級建築士事務所 iie design【イーエデザイン】代表 村田 純子 様です。

住宅の新築やリフォームなど、暮らしの空間づくりの提案を行っています。
2012年12月、デンマーク風の大きな屋根をかけた自宅で開業しました。

 「私が高校生の時に母の影響でデンマーク住宅に興味を持ったんです。平屋に大きな屋根をかけたカタチ。そして、玄関ホールの壁の色がイエロー、リビング扉がブルー。インテリアだけでなく、快適を追求した性能の高さ。そんな家、今まで見たことが無くて、なんてワクワクする住み心地の良い家なんだろうと思いました。それ以来、自分の家を建てるならこんな家にしようと決めていました。」

 『いつか自分の家を設計して建てたい』が、建築士になった理由。デンマーク住宅のようなステキな家を体感してもらい、提案したいと思っています。
デンマーク住宅の良さは『性能の良いものを長く使う』こと。
「デンマークのインテリアで、よく拝見するのは長く愛されているイスや家具。古くても価値のあるモノは残したいし、それをわかる人になりたいなと、思っています。」
村田様のご自宅の食卓には、海外旅行の際に一目惚れしたと言う照明が吊られています。とても存在感があって、私自身も思わず何度も見返してしまうような特別なオーラを放っていました。まさにご自身の思いを体現しておられるのだと感じました。

「でも、モノを選び取る力や心地いい空間は、十人十色。どんな暮らし、どんな時間を大切にしたいかも異なります。その人たちにとっての『心地いい空間』を提案するために、ヒアリングを重視しています。そんな作業を繰り返しながら、『村田さんに家を建ててもらって良かった。心地いいですよ。と、5年後に言ってもらえたら大成功ですね』と、はにかみます。」
実際のヒアリングでは、話し過ぎて予定の3倍近い時間を費やす事もあると言われます。やはり、思いが強いからこそお客様にもそれが伝わるのですね。

 子育てをしながらの建築士生活ですが、忙しさのあまり、子供にイライラをぶつけてしまう時期もあったと言われる村田様。そんな時期に出会ったのが『ライフオーガナイザー』です。
(日本ライフオーガナイザー協会 認定 レジデンシャルオーガナイザーを取得)
「この資格を取得したことで、自分を俯瞰したり、暮らしの最適化が出来るようになりました。その結果、時間や空間を有効活用できるようになって、子供にもイライラからすぐ叱ることは少なくなり、笑顔で一緒に過ごす時間が増えていきました。」

 多治見市の『ながせ商店街』 に最近オープンした、リノベーション物件『ヒラクビル』 内のシェアオフィスを借りることにしたという村田様。自宅以外の拠点として使用していく予定です。
今後の抱負として、「お客様にとっての快適な空間を追求しデザインする、その心地良さを広めたいと考えています。また、新たなオフィスとなるヒラクビル自体がリノベーション物件でもあることから、新旧ミックスの良い見本となります。私の考える『モノを大切にする』ことと、『心地いい空間』をより提案し易くなると思いますね。」

 写真は自宅オフィスにて。リビングを背景に撮影させていただきました。
「リビングは、開放的な空間にしたい、と考えていました。でも2階天井まで吹き抜けにすると、高すぎてしまうんです。私にとっての開放的な高さは4mくらいなんですよ。また、北からの光が柔らかく安定していて好きなんです。そして、北側のこの窓からは街路樹の桜の木が見えるんです。部屋から新緑や桜を楽しむのが憧れだったんです。この土地を見た時から、ここに窓を作りたいと考えていたんですよ。」
まさに、村田様の『夢と心地よさ』 が詰まった、ステキな空間ですね。
撮影場所はどこでもどうぞ。と言われたのですが、私自身偶然にもそんなステキな空間を選び撮影させて頂けて光栄です。

長時間にわたり、ありがとうございました。


名 称 : 一級建築士事務所 iie design(イーエ デザイン)
所在地 : 可児市桂ヶ丘2-3
URL : http://www.iie-design.com
E-Mai  : iie.japan@gmail.com

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
 ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

永冶建築研究所 様 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File102
永冶建築研究所 建築家 永冶 祐太 様です。

商業施設、福祉施設、リノベーション等の設計監理のほか、主に住宅の設計監理を行っています。
陶器二三雄建築研究所 勤務を経て、2013年 永冶建築研究所を設立されました。

「陶器二三雄研究所での勤務当初は、森鷗外記念館(東京都文京区)のコンペティションに取り組み始めたところでした。ここで、様々な業務に関わらせて頂いたことが、大きな経験になっていますね。」と、振り返りました。
建築コンセプトは『時が経つとともに深みを帯び、人と場に繋がる。』
「お施主様との対話と現場を重視しています。その土地の風景や歴史など、実際に現地を街歩きしたり、図書館などで資料に目を通す事もあります。それを基にしてコンセプトや図面を作りますが、模型を作りお施主様にも見て頂きます。形として具体的に伝えることで、建物を造っていくプロセスも一緒に楽しんでもらえたら嬉しいですね。」
「私自身にとっても、模型づくりは大切な業務の一つ。設計に於いて光や影の状態やプロポーションを見るためには欠かせないものです。図面だけではなく、実際に使用するマテリアルを見たり、触ったりしながら設計することでの発見も多いですね。」

 今年2月に『日本建築学会 東海賞』を受賞されました。(中山道 白雨の家)
「敷地は歴史的な場所ですが、周辺の住宅によって均質な雰囲気を感じました。その中に『むら』のある空間をうみ出したいと考えました。」
現地では、歌川広重が描いた『雨の中津川』の雨空の湿度感を感じたという永冶様。
外壁の『墨入りモルタル掻き落とし仕上げ』にこだわり、景観に馴染ませました。
「専門家の多数の意見が聞けたことはとても有意義でした。年齢制限のある賞なので、受賞出来て良かったと思います。」

 今後の抱負として、「最近は多治見市内にも空き家が目立ってきました。ここをリノベーションして、点ではなく面的にこの地に貢献したいし、更にこの中で、多治見・東濃の重要なマテリアル(タイル・東濃桧など)を生かしたものが出来たらと思っています。それによって、人と街が繋がりあえるといいなと思います。」
「このプロジェクト実施の際は、お施主様と住民・友人などが作るプロセスも共有できると『いい思い出』になりますね。」
と、ご自身の業務でもされていることを生かして皆さんが繋がることを願っているそうです。

写真は多治見市内の事務所にて。2018年度(第33回)日本建築学会東海賞 の受賞盾とともに。
この他にも、所内には設計時の模型や本が所狭しと飾られていました。
「本はまだ全体の4分の1程度しかここには持ってきていません。本当は全部持ってきたいですけどね。」と、お忙しいご様子ですね。

長時間にわたり、ありがとうございました。


名 称 : 永冶建築研究所
所在地 : 多治見市新町1-23 多治見市産業文化センター2F
URL : https://www.yn-a.com
E-Mai  : nagaya@yn-a.com

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
 ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
 一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------
プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県多治見市,可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。日本建築写真家協会(JAPS)正会員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ