岐阜の出張カメラマン のブログへようこそ!

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
ブログをご覧戴きましてありがとうございます。
岐阜県可児・多治見の出張写真撮影、フォトグラファーの林政司です。
当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売をご希望の方はお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。リンクは歓迎します。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
  設定の関係で消せないようです。すみません・・・。
-----------------------------------------------
当店の情報は以下のサイトからも見られます。
ホームページ  → http://www.demaephoto.jp/
Facebookページ→ http://www.facebook.com/permill.1

写真家 林政司 が気になる地元の経営者に突撃取材!
出張カメラマンの経営者取材ブログ
        → http://permillkei.exblog.jp/

最新のブログ作品はこの下です。↓

ガラスの街並 (富山地方鉄道 市内電車)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は、テツの日です。

 先日の事ですが、「陶都街並探偵団」 の行事で、富山市へ出掛けました。
この会(団?)については、以前の当ブログでも触れましたが、街歩きを楽しむ会です。今回は二年に一度の宿泊での行事でした。

 今日のブログは、上にも書いた通り、鉄道記事ですので、まずは、鉄道について書きます。
手前を走る電車は、『富山地方鉄道 市内電車 デ8000形』 です。
後ろの建物の内側に抑えるとともに、電車の車体をなるべく多く見せるようにギリギリまでタイミングを計って撮影しました。
 この場所では写真右手の奥方向に行く線路もあり、写真右手で合流しています。 この方向からやって来る車両は 『セントラム』 と言って、平成21年に導入された最新型で、2車体連接の超低床車両になっています。
本当は、こちらの車両を撮りたかったのですが、滞在時間の関係で撮れなかったのが残念です。
(見ることは出来ました!)

 そして、背景の建物は、今回の見学場所の1つでもある 『TOYAMAキラリ』 です。
富山市ガラス美術館・富山市図書館・そして銀行などが入居する複合ビルです。
鉄道からは離れますが、この建物の設計は 隈研吾さん。この名前は聞き覚えのある方も多いと思いますが、現在建設中の新国立競技場の設計者でもあります。外観は見ての通り複雑怪奇なガラスの様な形状ですが、内部に入ると、木がふんだんに使われる複雑な形状ですが、大きな吹き抜けが有り、それも併せてとても落ち着く空間でした。

 因みに先ほどのセントラムの走る路線は 『環状線』 となっているのですが、この線の一部は、環状運転をするために約10年前に新設された新線です。岐阜市ではその頃、市内電車は全廃されたのに、です。その当時の市の考え方の違いがこの様な街並みの違いに現れてきます。(市内線は、どこまで乗っても1乗車200円です)

次回は、6月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 17-35mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

半田赤レンガ建物 (愛知県半田市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は風景の作品です。
珍しく県外の作品になります。

 先日、この建物を見るために、半田市へ行ってきました。
この建物は明治31年(1898年)に竣工したのですが、実施設計が妻木頼黄(つまき よりなか)です。
この人物は、名前の通り、幕末に妻木藩の江戸屋敷で生まれ育ちました。明治期には明治建築界の三大巨匠の一人に挙げられ、日本橋や横浜正金銀行(現・神奈川県立歴史博物館)など、多くの建築物の設計を行いました。

 因みに、この 『赤レンガ建物』 は、竣工時には『カブトビール』の本社工場として建てられたものです。
カブトビールとは、既存の4大ビール会社に立ち向かう、半田から立ち上がったビール会社だった様です。
その後、いくつかの企業の手に渡り、一部は壊されてしまいましたが、市民らの保存運動の結果、完全な消滅の危機を乗り越えて、現在は半田市が所有・管理しています。
平成16年に文化庁 登録有形文化財に、平成21年には経済産業省 近代化産業遺産に登録されています。
訪問当日は企画展が開催中でしたが、通期で一般にも開放されていて、カフェも営業しています。

 構造としては、煉瓦造、一部木造(ハーフティンバー構造)。また、当時のレンガ造り構造としては、5本の指に入る大規模建築であることや、断熱構造建築の先駆的事例であることなど、とても重要な建築物であるそうです。 
ハーフティンバー構造とは、柱・梁・筋違など、軸組みとなる部分を外観に表し、その間をレンガなどで充てんするものだそうです。西洋の木造建築ではよく行われるそうで、言われてみれば中世のヨーロッパの街並みでは見たことがある様な意匠ですね。

 この写真では写っていませんが、北面には戦時中に米軍機からの機銃掃射を受けた跡がそのまま残っています。戦争遺跡としても重要なものです。

 因みに最盛期には、写真手前にあるハーフティンバー構造の部分にプラットホームが設けられて、国鉄半田駅までの私設鉄道が引かれていたようです。この鉄道を使って名古屋は勿論、関東や関西など、遠方への出荷がされていたようです。
そういえば、(現JR)武豊線の半田駅には、日本最古の跨線橋(線路をまたぐ橋)があります。この跨線橋は明治43年11月に完成していたようですので、『赤レンガ建物』 の完成から12年後には有ったことになります。
何だか歴史の重みを感じますね。

次回は、6月14日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

月例コンテスト(6月号)の審査をしました

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 地元の組合様から委嘱いただいている、『フォトコンテスト』の審査をして参りました。

 応募作品も、冬から春への変わり目の季節を捉えた作品が多く、南北に長い管内地域を象徴するような気がします。

 年間賞の審査時や誌上コラムの掲載記事(本誌 先月号)にも書かせていただきましたが、今回のブログでは最近問題の多い『著作権』について、もう一度触れます。
広報誌をご覧いただいた方には重なるところがあるかと思いますが、ご了承ください。

著作権は、写真を撮影すると自動的に発生する権利です。これは、日本国の場合、『創作的な写真を撮影した場合、その著作者に対しての著作権』が自動的に認められています。
これは写真家(著作者)の意志で撮影したものだけでなく、写真家に依頼された撮影についても同様です。
また、人物の撮影の場合、写っている人物(被写体)には『肖像権』があります。

撮影する側(写真家)としては、肖像権にも配慮して撮影を行う事が求められます。では、どのようにするか、なのですが、基本的には被写体(写る人)に了承を得ることです。
了承の中身ですが、少なくとも『この作品を誰が撮影し・どの様に使用するか』を明確にしておくと良いでしょう。しかし、一人を撮影する場合ならまだしも、多人数が居る公共の場などでは、現実的ではありません。その場合、写り込まない様にしたり、相手が居なくなることを待つなど、様々な方法が考えられますが、状況にもよるので一概には言えません。
その場合でも写真家にとって確実に言えるのは、『被写体に敬意をもって対応したか』、という事だと思います。
つまり、写真家は写真を撮影することによって【何かを表現する】事になります。その表現に対して、『関係する人に理解を得られる配慮をしたか』という事だと思います。

しかし、実際に被写体となる人物が肖像権を行使できる状況は限られている様です。
実際の判例を見ると、写っていることによって何かしらの損害・被害が生じるなど、の実害が無い場合には肖像権が認められない事が多いからです。

写真家としては、被写体の肖像権には最大の配慮をしつつも、萎縮することなく【表現をする行為】を続ける事が必要と考えます。

入賞作品の詳細は、来月(6月)号でご覧くださいね。
(写真は一部を抜粋しています)

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

多治見通運株式会社 様 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File90
多治見通運株式会社 代表取締役社長 関谷 寛様です。

 明治33年、関谷様のお爺様が名古屋市で運送業を開始、その後中央線の多治見延伸に合わせて多治見を拠点にし、その後一貫して主に通運業を行っています。

 通運業とは、鉄道での物の積み下ろしや運ぶ事業の事で、トラック輸送とは区別してそのように呼ばれています。
多治見駅の駅北部分にコンテナがたくさん置いてあることは気付いていましたが、ここで積み下ろしの業務を行っているのは、多治見通運株式会社様を含めて現在2社のみだそうです。
 
 「昭和40年代頃までは高速道路が無く、鉄道の貨物列車が貨物運送の主力でした。しかし、その後高速道路の発達などで、多くはトラック輸送に切り替えられ、鉄道輸送はごくわずかになっていきました。そんな中でも当社はこの『通運業』を地道に続けてきました。」と関谷様。

 鉄道輸送では、載せる列車の時刻が決まっていることから時間に融通が利きにくい上、鉄道の不通・風水害などの影響を大きく受けるそうです。列車の遅れなどが出たときはどうしても旅客輸送が優先されるので、余計遅れてしまいます。
 トラック輸送のメリットは、そのような待ち時間が少ないこと。そして、列車の時刻とは関係なく、満載になったら出発出来ます。だからこそ、スピードアップと効率化が図れた訳です。
 しかし、温暖化対策によるモーダルシフト(自動車や航空機による輸送を環境にやさしい鉄道や船舶による輸送に転換すること)や人材不足対策として、近年になって急激に鉄道輸送が見直されています。

 「通運業は、特に人と人とのつながりで仕事をしていると感じます。例えば列車の遅延があった時、スムーズに荷物を輸送するには発送側と荷受側の信頼関係が欠かせません。」
信頼を得る為にも、お客様へは出来る限り直接会いに行くように心掛けているそうです。

 2016年12月社長に就任しましたが、各セクションの責任者を中心に社員が生き生きと働いていて、「社員に恵まれている幸運な社長ですね」と、はにかむ関谷様。
「現状、私が居なくても会社は回ります。なので、仕事の環境づくりが私の役目です」と、顔を引き締めます。
「選択を迫られた場合、多くの人が選ばない方を選ぶのが信条」と、関谷様。
「多少のトラブルがあっても、こんな事が楽しめてラッキー」との熱い思いで、従業員が『仕事を楽しいと言える様な会社』にしたいと語ります。

 夢をお聞きすると、「多治見で育ったものとして、多治見への貢献をしなければならないとの思いが人一倍強いと感じています。」と、熱い話が始まります。
 2014年3月、多治見市内の事業所10社でスポーツクリエーション岐阜を設立、同社が運営主体となり、プロバスケットボールチーム『岐阜セイリュウヒーローズ』が誕生。2017年4月からは、日本クラブバスケットボール連盟へ加入しました。選手は20代が中心の若いチーム。全員が地元で仕事をしながらプロ活動をしています。
関谷様もこの事業に関わっています。出資した事業所10社の経営者には、関谷様も含めて誰もバスケットボールの経験者は居ないとの事。だからこそ、続けることができるそうです。「このチームが地元45万人のヒーローになり、地元が良くなってほしいですね」と、笑顔で語られるのが印象的でした。

写真は、本社内にて。事務所内に飾られていた木製の看板と一緒に撮影させて頂きました。「他社様の倉庫内から見つかったものです。わざわざ私たちの元へお返し頂いた事が嬉しいですね。」と、看板を見つめながら、この看板が見て来たであろう歴史を想像しつつ、感慨深げに語られたのが印象的でした。

長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。

名 称  : 多治見通運株式会社
所在地 : 多治見市小泉町1-21-1
電 話  : 0572-20-2500
URL  : http://www.tajimituuun.co.jp/

使用機材: Nikon D4s 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

嵐の去った朝 (JR太多線)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は、テツの日です(笑)。

 警報が出るほどの大雨の翌日、台風一過のような清々しい青空になりました。
堰堤の草や列車も?、強い雨で汚れが流されたのか、とても美しく光っているように感じます。

今回の作品は、そんな輝く風景を狙ってみました。
白い雲が浮かぶ空の下、ステンレス車体の列車が陽の光に反射しながら疾走していきます。

 技法的にはまたしても、私の好きな 「流し撮り」 による撮影です。
そして、「ゆる鉄」 風に柔らかく調整しましたので、ステンレス製の車体がとても優しく反射しています。

次回は、5月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4s 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

下石八剣神社 (土岐市下石町)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今日は風景の作品です。
先日の事ですが、「陶都街並探偵団」 の行事で、土岐市下石町を歩きました。
この会(団?)は、多治見市を拠点に街歩きを楽しむ会です。今回は、下石町界隈の街並みや建物などをガイドさんの案内のもとで歩きました。年数回開催しているのですが、この時期にしてはとても暑い日になりました。

 この日の中では、やはりとっくりの街なので、窯元がたくさんあり、クルマが通れないような路地(道路とは言えない程狭い・・・)も多くあり、往時をしのばせる風景も印象に残りました。
しかし、今日のブログはその中から 「下石八剣神社」です。
ここは少し高台にあるため見晴らしが良く、多少すがすがしい風が流れるような気がします。

 この神社は、室町時代におまつりされ、その後水害などで荒廃するなどの時代もあったようですが、いまもこの地の人々によって守り継がれているようです。

次回は、5月14日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D810 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

Photo.Prism 写真展開催!(多治見市 地球村)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は、広報です。
私が講師を務める写真同好会で写真展を開催しています。

毎年恒例の 『Photo.Prism 地球村写真展』 で、今年で3回目の開催となります。
(会の名前は「フォト.プリズム」と言います。)
例年3月の開催でしたが、地球村の皆様からのご助言もあり、今年は5月のゴールデンウイーク中の開催となりました。
新緑の中、爽やかな風を感じる地球村へどうぞお越しくださいね。

会期が5月に変更された事と合わせて、展示場所も変更して下さいました。
今回は、本館入口を入ってすぐ目の前という、好立地です‼
入口部分をパネルで3箇所に分けて、展示をさせて頂いています。
この時期は宿泊や日帰りの散策などの利用客様が多いそうで、通りすがりのお客様にもご覧いただけています。

写真は、展示会場の様子です。
いつもは、本館の正面でお客様を出迎えている 『トナカイ』 さんも、少し場所を変えて写真展でお出迎えをしてくれています。
※しかも、こいのぼりバージョンです!
会場設営や、場所の提供、それに 『トナカイ』 さんも。
地球村のスタッフの皆様、様々なご協力ありがとうございます。

地球村展では、1月のまなパー写真展とは違い、『地球村での撮影作品』 を共通テーマにしています。
地球村のステキなところを再発見していただけたら嬉しいです。

Photo.Prism 写真展2018 PartⅡ 『地球村展』
会期:2018年5月2日(水)~5月7日(月)
    9:00~17:00(初日は13:00から)
会場:多治見市三の倉市民の里 地球村 本館内
    (多治見市三の倉町猪場)
※会員在廊は10時~17時です

入場無料です。お気軽にどうぞ。

次回は、5月7日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4s 17-35mm f2.8.

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

月例コンテスト(5月号)の審査をしました

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 地元の組合様から委嘱いただいている、『フォトコンテスト』の審査をして参りました。

 今月は年度替わり第一回目。なので、「月例」の審査ですが、今月に限り毎年恒例の「年間賞」の審査でした。
年間賞とは、昨年度一年間の月例コンテストの中で、トップ賞を獲得した作品の中から金・銀・銅の3勝を決定するものです。
毎年感じる事ですが、もう一年経ったんですね。審査の際に改めて作品を見ていると、その作品を審査時の気持ちが思い出されるから不思議です。

 しかし、同じ作品でも、いま同じように感じるかと言えばそうではありません。
なぜなら、時代は移り変わっているからです。「いま」という時代があるからこそ、感じ方は全く同じではないと思うのです。
そんな中、今回はハイレベルな作品の中での審査を経て年間賞が決まりました。

 受賞されました皆様、おめでとうございます!
そうでない方も、今後ともご応募をお待ちしていますね。

 なお、5月号は毎年恒例の私のコラムが掲載されています。
今回もまた難しい内容になってしまいましたが、是非とも広報誌をお手に取ってご覧ください。
(広報誌は各支店内にあります)

入賞作品の詳細は、来月(5月)号でご覧くださいね。
(写真は一部を抜粋しています)

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

合同会社 Mimir 様 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File89
合同会社Mimir 代表社員 大岩可奈様/共同代表 ハンス・カールソン様です。

 VR(バーチャルリアリティー/仮想現実)を使ったプロモーションを行っています。
具体的には、企業向けや公共向けで、海外と繋げるためのコンテンツとして、シティプロモーション(街のイメージを宣伝する等)に活用出来ます。

 「実際に体験してみると判りやすいよ」と、共同代表のハンス・カールソン様。私も体験してみました。3D用のゴーグルを付けて少し動いてみると、実際に自分が海外のとある場所に居るかのような視点に立つことが出来ます。ハンス・カールソン様はCTO(技術責任者)でもありますので、さすが判りやすい説明です。

 そのハンス・カールソン様自身ですがスウェーデンの出身、初来日から約30年が経ちました。当初は留学生として来日したのですが、その後一旦離日。ボランティアとして、イスラエルに滞在していました。
 その時の経験も関係し、東洋学に興味を持ち再来日。「居酒屋留学」で実際の日本の方たちに会う事でとても勉強になったそうです。
 東京での生活では、翻訳・通訳などの他に、NHKラジオに出演したり、ジャーナリストとしても活動していました。その経験から、色々な事を判りやすく伝えたいと思いました。それが現在の事業へと発展していきました。

 代表社員の大岩可奈様は、もともと帽子制作のクリエイターでした。フランスのコサッド市(ヨーロッパ屈指の世界的な帽子生産地)で開催される「帽子フェスティバルコンクール」にて、2位を受賞した経験もあります。
その経歴を暫く「封印」して、現在の事業を行っています。

 お二人の目標を伺いました。
「VRの可能性、楽しさを伝えたいですね」
そして、「観光で「どこでもドア」の様に見せたり、ここに居て商談ができる。その他にも企業のショールーム、教育現場での活用も考えられます。技術だけでなく、人と人とが会えるように・人を繋げられたら と思います。」

 最後に、Mimirとは?と、伺いました。
「北欧神話で、知識の泉を見張っている神 です。私たちもこの神話の思いを大切にしていきたいと思います。」

写真は、オフィスのスタジオ内にて。お二人のご様子がとても楽しそうだったので、そのままの雰囲気でポーズを作って貰ったところ、最高の笑顔でこちらを向いてくださいました。

長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。

名 称 : 合同会社 Mimir
所在地 : 多治見市小名田町1-3-4
電 話 : 0572-74-0673
URL : https://www.mimir.world/
E-Mail : info@mimir.world

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

何もない春 (名鉄広見線)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は、テツの日です(笑)。

 季節は春になり、青葉も出てきましたね。
この場所も、雑草がたくさん生え始めたようです。
線路わきに花でもあれば景色に映えて美しいのでしょうが、ここは田んぼ銀座(笑)
そんなものはありません。
でも、これから田んぼに水が張られると、カエルの大合唱が響き渡る事でしょう。

 この場所は、タイトルにもある通り、名鉄広見線です。
「広見線」という線名は、新可児駅の昔の駅名「新広見」に由来します。
新可児から東、御嵩までの区間は単線で、電車もワンマン車両の折り返しで、名古屋方面からやって来ても新可児で乗換が必要です。(ついでに言うと、マナカも使えない・・・)
名鉄としては、乗客が少なく赤字区間なので廃止したくてしょうがないようですが、可児市など沿線自治体の強い要望と支援で今も走り続けています。
沿線を歩くと、世界のバラ園がある「花フェスタ記念公園」 や、明智光秀の生誕地と言われる「長山城」 、信長の家臣として名をはせた森蘭丸の生誕地 可児市兼山にある「美濃金山城」 など、見どころがたくさんあります。

次回は、4月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 80-200mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

太田橋 (美濃加茂市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は、風景の作品です。
写真は、美濃加茂市と可児市の境の木曽川に架かる 「太田橋」 です。
以前にも当ブログに掲載したので、その時にも詳細を調べました。
今回も内容が重複しますが加筆の上、記しますね。

 この太田橋は、昭和2年(1927年)に開通(竣工は大正15年・1926年)した 「単純ワーレントラス鋼橋」 です。
その後交通量の増大により上流に新太田橋が架けられ主役の座は明け渡しましたが、開通当時から今に至るまで現役で、約90年にわたり道路として使われています。
平成23年度 社団法人土木学会選奨土木遺産 にも認定・登録されました。

 この場所は、中山道の 「太田の渡し」跡 でもあります。
江戸時代は中山道の難所のひとつとして、「木曾のかけはし、太田の渡し、碓氷峠がなくばよい」 と、うたわれた事は有名です。

因みに、今回の写真撮影位置は橋の上流側ですが、実はこちら側から見える青いトラス橋は歩道専用橋で、近年になって造られたものです。
大正時代に造られた 【本物の】 橋は、すぐ下流側にあります。
橋脚はひとつになっているので、歩道専用橋を造る際、景観に配慮した結果なのだろうとは思いますが、こちら側から橋の美しいアーチが見えないのは残念です。
撮影時は桜が満開で、桜も太田橋も夕陽に映えていました。

 この地では、美濃加茂市により 「リバーポートパークミノカモ」 (愛称) が現在整備中です。
古くは太田の渡し・その後も日本ライン下りの乗船場所だったこともあり、現在は「中之島公園」として整備されています。
「かわまちづくり」 として、以前あった川湊から街中へ、賑わい・広がりを生み出す拠点にするとのことです。
その拠点となる 「ビジターハウス」 はじめ、公園の開園式が4月15日(日)に開催され、4月28日から通常営業開始となるようです。

次回は、4月14日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

月例コンテスト(4月号)の審査をしました

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 地元の組合様から委嘱いただいている、『フォトコンテスト』の審査をして参りました。

 季節が進み、冬から春へと徐々に向かっていることを、ご応募の作品からも感じ取ることが出来ました。
でも、今は春を通り越して、夏と言ってもいいくらいな暑さですね。

 さて、今日はタイトル(画題)についてです。
先月は、「被写体に対しての想い」のお話をしました。
その 「想い」 が、作品タイトルになると思います。
それは、作者の想いかもしれませんし、もしかしたら被写体(写っているもの・人などに)対して感じていた事かも知れません。
いずれにしても、その時の想い・感じた事が、そのままタイトルになってくると思います。

とは言うものの、タイトルを決めるのは、いつも困りものですね。
そんな時は、撮影時にどんな想いで撮影しているのか、その都度明確にしておく事が重要ですね。
漫然と撮影すると、どんな想いで撮影したのか思い出せなくてタイトルが付けられなかったり、作品とは異なるタイトルをつけてしまったりと、残念な結果となります。

入賞作品の詳細は、来月(4月)号でご覧くださいね。
(写真は一部を抜粋しています)

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

コンサルティング・シスト 様 (各務原市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File88
コンサルティング・シスト 代表 伊藤 慎悟様です。


 中小企業診断士・経営コンサルタントとして、企業やその経営者を対象とした『人と企業の戦略アドバイザー』をされています。

 観光バス会社で旅行業務を経験後、地元の商工会議所で経営指導員として地元の経営者と接し、在職中に中小企業診断士の資格を取得、その後独立、現在の事業をされています。
多くの人と接した経験をされたからこそ、経営者自身の想いに寄り添い、じっくりと話を聴くところから始まります。
 
 「私は経営より人に関心があるんですよ」と伊藤様。
 「人の生い立ちや歴史を知る事で、その人の事を深く知ることが出来ると思うんです。その結果として、その人の興味関心を、ご自身の事業にどう生かしていくかを考えています。
 人にはそれぞれ個性や特徴があるので、その人にあった方法を考えないと、どんなアドバイスをしても実行しない。そのことを理解するためにも、私はまずは相談者の方の話をしっかりお聴きしたいです。」

 人に関心があると言われる伊藤様。私も仕事柄か、人に関心があるのですがこれも個性、やはり見方は違うようですね。

 「以前セミナーでお邪魔した地方都市で、ある経営者様から言われたことが印象に残っています。表情がさえないので状況を聞いてみると、親から引き継いた会社なので責任感は持っているけど楽しいとは思えないとのことでした。そこで、どうしたらこの経営者の方の興味特徴を会社経営の中で活かせるかをアドバイスしたら、何か気づいたようで表情が変わっていく姿を見て嬉しかった」というエピソードを語って下さいました。

 「私に会うことが嬉しいと思ってもらえるような存在になりたいです。私と相談した方が、いつか年月が経った時に、あの時、私に会って話した事が、人生の分岐点だったと思って貰えたら、本当に嬉しいです。」

 将来の大人のために、そしてご自身で出来る事を地元で還元されています。
「最近、ボランティアで地元の高校生向けにセミナーを行っています。それは高校生に職業観を持ってもらうためのセミナーです。
 自分自身を振り返ると、高校生の頃に、こんな話が聞ける機会があれば有難かったかなと思って、私の経験を踏まえてお話しています。
 聞いたくれた高校生たちが、私の話をきかっけに、自分自身が心から興味関心が持てることを見つけてほしい。その興味関心を持てることを仕事にすると、入った会社や世の中で活躍できる人が増えていくと思います。その中には私みたいに将来は独立開業したいって人が出てきてもいいと思うんですよね。結局は、人に喜んでもらえる人を増やしていきたいんです。」

 ご自身の理念について伺いました。
「自らの成長を通じて、目の前の人の役に立つ」です。
「これからも自分を成長させ、人の役に立てる確率を上げたいと思います。そのために自分への投資を続けたいと思います。」

 この日も私の取材の後で予定があるようで、正に分刻みのスケジュールをこなされています。

 最後に、伊藤様の想いを語っていただきました。
 「独立して10年続けてきて今更ながら思っていることなんですが、結局は、働いている人たちがどんな気持ちで働いているかが経営に表れると思います。
 一人で経営されている方はその人自身だし、組織で経営をされている会社なら、一人ひとりの気持ちの総意が商品やサービスになって表れると思います。それはお客さんたちにも伝わると思います。
 経営者の方には、自分自身や一緒に働く従業員さんたちがどんな気持ちで働いているかを意識しながら経営を行うことを大切にしていってほしいです。」


 今年9月に創業10周年を迎えられる伊藤様。私自身も何度もセミナーなどでお世話になっています。
 今回初めて伊藤様のオフィスにお邪魔させていただきました。各務原市のJR鵜沼駅から徒歩でも5分程度でしょうか?閑静な住宅街の中に在ります。マンツーマン指導を受けたい経営者向けに用意したスペースとの事です。
実は、この辺りは私が子供の頃に住んでいた場所なんです。オフィスの近くにある幼稚園に通っていた様なかすかな記憶もありますし。そんな思いで、伊藤様にお話しをすると、「もしかしてそのまま林さんがここに居たら、子供の頃から知り合いだったかもしれませんね」と。そうですね、年齢も一つしか違わないし、校区も同じ様なので、そう考えると不思議なご縁がありそうです。私自身もこの地でお仕事をされている伊藤様を、更に身近に感じるようになった一日でした。

 写真は、伊藤様のオフィスからも程近い、木曽川河畔にて、愛車と一緒に撮影させていただきました。
 6年前に購入されたそうですが、「いつか乗ってみたいと思っていたクルマだった」と、以前にお聞きしたことがあります。
私もクルマは好きなので、喋り出したらお互い止まらないと思いますが、今日はその話は封印しました。でも、この車を大切にしておられる雰囲気はクルマへの接し方からとても伝わってきました。

 話は戻りますが、ちょうどこの日、川の向こうにある犬山城にしゃちほこが取り付けられました。(昨年の落雷で破損していたので)写真撮影の際には気付いていませんでしたが、あとでテレビを見て分かりました。どうりで、見物人が多いと思っていました。
このブログを公開する頃には、ここの桜もほころび始める事でしょうね。

長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。


名 称 : コンサルティング・シスト
所在地 : 各務原市鵜沼東町8-58 ラ・ミエスタ101
電 話 : 058-370-3374
URL : http://www.sisst.jp/
E-Mail : ito@sisst.jp

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

時が動き出す (JR)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今日は、テツの日です。

山の合間の駅にやってきました。
日差しは少し春めいてきましたが、山の景色も駅の構内もまだ寒々とした雰囲気で時間が止まっているようです。

そんな中、ちょうど乗客が降り立ちました。
電車と共に、一瞬だけ時が進んだかのようです。

次回は、3月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 80-200mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------
プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ