FC2ブログ

岐阜の出張カメラマン のブログへようこそ!

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
ブログをご覧戴きましてありがとうございます。
岐阜県可児・多治見の出張写真撮影、フォトグラファーの林政司です。
当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売をご希望の方はお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。リンクは歓迎します。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
  設定の関係で消せないようです。すみません・・・。
-----------------------------------------------
当店の情報は以下のサイトからも見られます。
ホームページ  → http://www.demaephoto.jp/
Facebookページ→ http://www.facebook.com/permill.1

写真家 林政司 が気になる地元の経営者に突撃取材!
出張カメラマンの経営者取材ブログ
        → http://permillkei.exblog.jp/

最新のブログ作品はこの下です。↓

広見線と八百津線 (名鉄)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし,建築,建物,プロフィール
 今日は、テツの日です。

 今回の撮影作品は、先月に引き続き 名鉄 広見線 明智駅です。
あえて、ホーム上にて撮影しています。
 駅舎の有る北側(写真左側)から、1番線→2番線→3番線と配置されていましたが、現在では2番線と線路を挟んだ右側の3番線の2線のみでの運用となっています。
その1番線は、八百津線の廃止とともに廃止されています。
この部分を見る限りでは、1番線もまだレールが残されていて、電車が今にでも入って来そうに思うのですが、両端は線路が剥がされているので、使う事は出来ません。
ホーム上屋の鉄骨にも、以前は 『八百津方面』 という看板が付いていたのでしょうが、今は有りません。
オレンジ色に塗られた反射鏡(ミラー)のみが残されていて、八百津線のワンマン運転の名残を留めています。

 写真は、上記の通り明智駅にて。
この時間は(一応)朝のラッシュ時のため、運転士のほかに車掌も乗務しています。
(既に乗降客の数は昼間モードですが・・・)
車掌がドア操作のあと、出発前の指差確認を行っています。

因みに、この後の昼間帯は、ワンマン運転となります。

(安全に配慮して撮影しています)

次回は、3月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 17-35mm f2.8.

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

JR可児駅 (可児市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし,建築,建物,プロフィール
 今日は風景の作品です。

 可児市下恵土にある 太多線 「JR可児駅」 です。
昭和57年(1982年)可児市の市政施行に合わせて、それまでの 「広見駅」 から駅名改称しました。
この駅の存在する場所の字名は、上記の通り 「下恵土」 (しもえど) ですが、駅名は 「ひろみ」でした。
なぜ広見駅だったかは、この駅の起源である 「東濃鉄道」 の駅が元々広見地内にあったからのようです。
その後、広見駅は現在地に移転し、多治見-美濃太田間の路線となりました。

 撮影作品ですが、JR可児駅 東口です。
以前は左下に見える木造平屋の駅舎だけでしたが、昨年3月に駅舎を囲うように右手前側に東西自由通路が完成しました。
木造駅舎の手前に伸びている無機質?な庇は、自由通路完成時に取り付けられたものです。
この通路完成により、東西を結ぶために元々存在した、地下道と駅北の踏切(1箇所)が廃止されました。

次回は、3月14日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 17-35mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

月例コンテスト(3月号)の審査をしました

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 地元の組合様から委嘱いただいている、『フォトコンテスト』 の審査をして参りました。

 ようやく冬らしい作品が多くなりました。
(気候が寒くなったからという事ですが)
そう思っていたら、最近はもう春のような気候。
やはり、今年の冬は短かったようです。
写真撮影にも、冬らしい作品があまり撮れなかったのではないでしょうか?

 さて、今回は作品の主題についてです。
風景のどの部分を切り取るかで見え方が変わるのはよく聞く話ですね。
それと同じく、人と風景(モノ)を撮影するときもどこで切り取るかを考慮するとよいでしょう。
そうしないと散漫な作品になってしまいます。

入賞作品の詳細は、来月(3月)号でご覧くださいね。
(写真は一部を抜粋しています)

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

カーサ デル ムシカ 様 (可児市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File99
カーサ デル ムシカ 代表 千藤 伸寿様です。

東濃(多治見市)・中濃(可児市)を中心とした音楽の総合事業グループです。多治見市と可児市の二か所で、ピアノ・フルート・ギター・声楽などの音楽教室を行っています。

「音楽、しかもクラシックというと何となく堅いイメージを持たれる事が多いですね。でも、ジャンルにはこだわらず、どんな音楽でも楽しんでもらいたい。と、私は考えています。」
「そんな思いを音楽教室の名前にも込めました。『カーサ デル ムシカ』とは、スペイン語で『音楽の家』という意味です。この名前を冠して音楽教室を始めてから、今年でちょうど30年になります。」

 千藤様ご自身はというと、小学5年生でピアノを始めたものの、練習嫌いだったそうです。(故 校條武雄先生に師事)しかし、先生は無理には練習させず自由にさせてくれたそうです。
その影響でしょうか、まずは音楽を楽しむことが大切だと考え、それが今の指導法にも結びついているのではないかとのこと。
「その子が出来る範囲で楽しませるようにしたいと考えています。先生はそのサポートをするだけ。とは言え、基礎を学んでいないように思わせながらも、実は基礎を身に着けさせていることが私たちの役割ですね。」
 その思いを伺うと、「上手く演奏することが目的ではなく、曲の思いを理解することで結果的に演奏出来るようになるのです。」何だか深い話になりますが、「ただ演奏できるようにする事だけが目的では無い」と話される千藤様の言葉には熱い思いを感じます。

「多分、私の教え方はものすごく早く演奏できる(上達する)ようにはならないと思います。しかし、親子への精神的な負担(練習へのストレス)は少ないと思います。そして、子供さんが『演奏したい』と思ってくれたら、いつまでも楽しんで音楽と接していくことが出来ると思います。勿論、早く上達したいと希望される生徒さんには、その様に教えますよ。」

小学生以降は、
ヤマハエレクトーンフェスティバル、ジュニアオリジナルコンサートにて
小学生から5回連続で岐阜県代表を務める。
その後、名古屋音楽学校 東京芸大クラスへ入学。
国立音楽大学 教育音楽学科へ進学、主席にて卒業。
その間にモスクワ音楽院エミール・ギレリス門下 平沢一博先生に個人的に師事。
スペインダローカ国際古楽音楽祭にスペイン文化省給費を受給して参加、グランプリを受賞。
現地にて演奏を行う。

 今後について、定年退職した方にも楽しんでいただける場を提供できればと思います。
そして、『音楽家』として、創造的な活動をしていきたいと考えています。
そのために、自分が学んだこと発見したことを、皆さんに音楽やお話で聴いて頂ける機会を作りたいですね。
先日、2月23日にはその第一回を多治見市学習館(ヤマカまなびパーク)の7階大ホールで開催しました。(千藤伸寿ピアノリサイタル ショパンの生涯と作品の変遷をたどって 第1回)
今後、3~4ヶ月ごとの頻度で開催していきたいと考えています。

写真は、可児教室にて。ドイツ ベヒシュタイン製のピアノとともに撮影させていただきました。世界三大ピアノブランドのピアノを生徒さんがレッスンで演奏出来るなんて、とても贅沢な事だと思います。ここにも千藤様の熱い思いがこもっているのだと感じました。ご多忙のところお手数をお掛けしました。

長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。


名 称 : カーサ デル ムシカ
所在地 : 可児市今2351
URL : http://casamusica.on.arena.ne.jp
電 話 : 0574-65-7905

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

まちなかタイル発見レポート展 (多治見市 笠原町)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
予告した更新よりも早く別のブログを更新します。

 多治見市笠原中央公民館にて開催中の 「まちなかタイル発見レポート展」 の紹介です。
私が所属する 「陶都街並探偵団」 も、この展示に関わりました。
もともとは、「多治見市モザイクタイルミュージアム」 が、笠原町内の街なかにある 「タイル」 の街並みを散策マップにしたいというところから始まったように記憶しています。
ミュージアムからの声掛けで、笠原中央公民館の 「かさはら探検隊」 の子どもたちと、私たち 「陶都街並探偵団」 の大人達も加わり、街なかを散策して、タイルのある風景を探しました。

 現在開催中の展示写真達からも、新しく制作予定の 「散策マップ」 に掲載されるそうですので、完成が楽しみです。
展示作品には番号が付けてあり、投票も出来ますのでもし気に入った写真があったら、投票すると実際にマップにも載るかもしれませんね。

まちなかタイル発見レポート展
多治見市モザイクタイルミュージアム・笠原中央公民館・陶都街並探偵団 共同企画
2019年2月17日~3月17日 9:00~21:30 (最終日は午前中で終了見込み)

会場:多治見市笠原中央公民館 1階ロビー

次回は、2月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 17-35mm f2.8.

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

名鉄 明智駅 (名鉄 広見線)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は、テツの日です。

今回の撮影作品は、名鉄 広見線 明智駅です。

あけち駅と呼びます。
以前は 「伏見口駅」 と呼ばれていましたが、昭和57年(1982年)可児市の市政施行に合わせて 「明智駅」 に改称されました。
明智である理由は、戦国時代、この地域は 「明智荘」 (あけちのしょう) と呼ばれていたことが理由の様です。
実際、この駅から南へ歩くと明智光秀が生まれたとされる明智長山城(跡)があり、その麓には明智家の菩提寺とされる 「天龍寺」 があります。
(現在の研究では、明智長山城跡は城では無かったとされています)
しかし、「明智荘」 は実際にあったようで、現在の研究では、この付近で明智光秀が活躍していた事は間違いないようです。

ちなみに、平成13年(2001年)迄は、この駅から分岐して八百津駅に至る 「八百津線」 が走っていました。
八百津線の途中駅にあたる 「兼山」 は、当時の可児郡兼山町 (現 可児市兼山) の中心駅で、この駅の南側の山 (古城山) には本能寺の変で討ち死にした森蘭丸が生前に一時城主を務めた事もある 「美濃金山城跡」 (みのかねやま城跡) があります。
美濃金山城跡は、平成25年(2014年)に国史跡に指定されました。

さて、鉄道に戻りますが(笑)、現在は無人駅となっていますが、以前は有人駅でした。上下線の交換(行き違い)も頻繁に行われたターミナル駅でした。(現在も朝と夜のごく一部では交換を行っています)
しかし、八百津線で使われていた1番線はホームとしては今でも残されていて、今にも電車が走ってきそうな雰囲気を残しています。
そんな広見線の(旧)広見駅(新可児駅の前身)と(旧)御嵩駅間は、来年で開通100年を迎えます。
(新可児駅と旧広見駅は、場所が違います)
これからも残って欲しいですね。

 写真は、明智駅の駅舎とワンマン電車です。
乗降客が全くないまま、寂しく発車していきました。

(安全に配慮して撮影しています)

次回は、2月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 17-35mm f2.8.

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

兼山湊跡 (可児市 兼山)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は風景の作品です。

 可児市兼山にある 「兼山湊跡」 です。
岐阜県史跡に指定されています。

兼山湊からは、室町末期(1530年頃)には既に川を使った運材をされていたようです。
木曽川水運は木曽谷木材の運送に利用するなど重要性は高かったのですが、戦国時代になると森氏の政治的軍事的な要衝ともなりました。
寛文5年(1665年)以来、尾張藩は木曽山林の経営を行い、錦織奉行所(現加茂郡八百津町)に木曽川運材を任せました。
これにより、尾張藩御用材、伊勢神宮遷宮御用材も錦織網場で筏組(いかだぐみ)してここを下ったようです。
錦織網場については以前、旧八百津発電所の取材時に少し触れました。

弘化元年(1844年)岩村藩松平氏は江戸御廻米もここまで馬で運び、桑名経由、江戸蔵屋敷まで船送りしたとされます。
また、兼山産の茶・酒・陶器類もここから大量に積出され、のぼり船からは塩・海魚・海藻・日用雑貨をおろし、中濃・東濃一帯に広く販路を持ちました。
この辺り一帯出船入船で賑わい、町筋には宿屋・飯屋・馬宿など船荷相手の店が軒を連ねていたようです。
私見ですが、だからこそ12月に取材した懸け造りの 「可児市戦国山城ミュージアム」 の様な、当時として立派な建物(今でも立派ですが) が建っていたのでしょう。
ちなみに、私が子供の頃には、三重県の桑名から行商の人が魚を売りに私の家にも来ていたことも覚えていますので、木曽川水運の名残だったのでしょう。

大正~昭和になり、ダム建設や陸運の整備によって船運は次第に衰退しました。
昭和14年(1939年)下流の今渡ダム(可児市)完成によって、一帯が湛水状態となり 「兼山瀞(かねやまとろ)」 と言われるようになりましたが、以前は瀬音の聞こえる急流だったようです。

石燈台は安全を祈願し船問屋が建てたもののようです。
(以上 出典・旧兼山町史)

 撮影作品ですが、兼山湊の石畳です。
奥の深緑色が木曽川です。
以前は急流だったとの事なので、石畳がさらに下まで続いていたのでしょうね。
ちなみに敢えて雨の日に撮影しましたので、石畳も石燈台も濡れてしっとりとした感じになっています。
でも当然ですが、石畳が濡れているので、何度も滑って転びそうになりました・・・。

次回は、2月14日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

「き」業展16 ありがとうございました。(多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
き業展16が2月1日・2日の二日間、セラミックパークMINO(多治見市)で開催されました。
弊社は今年も出展いたしました!

弊社の展示では、
1 出張カメラマンとしての活動(建築写真・プロフィール写真)
2 新商品「写真のギフト」
を展示・ご紹介いたしました。

いつもお世話になっている皆さまはじめ、弊社の事に興味を持って立ち止まって下さった方々も多く、ずっとご説明やお話をしておりました。
折角お越しいただいたのに、ゆっくりお話を出来なった方もいらっしゃると思います。
必要に応じて、改めてご説明も可能ですので、その旨お知らせ頂けますとありがたいです。
また、ご連絡先が分かっている方につきましては弊社からもご連絡をさせて頂くことがあると思いますので、その節は宜しくお願い致します。

写真は、弊社の展示ブースの外観です。


「き」業展16 (多治見市ビジネスフェア)
会期 2月1日・2日 10:00~17:00
             (2日は16:00まで)
会場 セラミックパークMINO (多治見市東町4-2-5)
主催 多治見市 、 第16回「き」業展実行委員会
共催 多治見商工会議所 、東濃信用金庫
事務局 多治見市役所産業観光課

「き」業展は、多治見市を中心とする中部一円の企業と起業家等が、自らの技術や独自性をPRすることで、出展社及び来場者のビジネスチャンスを拡大し、広域的な地域経済の活性化を図ることを目的とする展示会です。

使用機材:Nikon D810 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

月例コンテスト(2月号)の審査をしました

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 地元の組合様から委嘱いただいている、『フォトコンテスト』 の審査をして参りました。

 審査としては、この号が新年最初となります。
しかし、あまり1月(年末から新年にかけて)といった感じがしないですね。
それは作品が悪いのではなく、季節が温かく、本来の冬の景色が見られないという事を言いたいのです。
やはり温暖化ですかね?
寒い冬は更に寒く、暑い夏は程々の暑さになって欲しいですね。

 今回は露出についてです。
特に逆光の場合、露出をどう取るか?迷われると思います。
オートで撮るとなおさらです。
しかし、その場合もどこをどう見せたいか?を明確に考えて露出を取ってください。
露出を正確に取ることで、色や質感が変わってきます。

 また、風景の場合、撮影時間によって見え方が変わることがあります。
それによってフレーミングも変えてみると、作品の見え方が変わってくるでしょう。

入賞作品の詳細は、来月(2月)号でご覧くださいね。
(写真は一部を抜粋しています)

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

株式会社YUKAIGO 様 (多治見市)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
今回は経営者様の取材写真です。

File98
株式会社YUKAIGO 代表取締役社長 井下 宣広様です。

「住ま居るグループ」として、株式会社 快GOTOKAI(石川社長)とともに老人介護に関する9か所の事業所を管理・運営しています。

井下様は看護師出身、2歳年下の石川様は介護福祉士出身。二人は同僚として働いていた際に「いつか、自分たちの思いをかなえる施設を作りたいね」と、理想を語り合った仲。
井下様は、新卒で看護師として勤務を開始した4年後に退職、福祉先進国であるイギリスで就職。看護師として勤務しました。
「イギリス滞在中は『ゆりかごから墓場まで』という言葉通り、生まれた時から亡くなる時まで、全ての福祉が充実していて、日本では経験できない事をたくさん出来ました。そのほかにもとても大きな刺激を貰いました。」
 帰国後は、名古屋大学医学部付属病院に就職。急性期の患者さんへの対応を主に行いました。
急性期とは、主に病気になりはじめの事で、一般的にはICU(集中治療室)やERと言われるセクションがここに入ります。
 
 それまでの経験で、『出来る限りここで完結できるような施設』を目指したいとの思いが強くなり、石川様とともに法人を設立、多治見市での事業がスタートしました。
最初にグループホーム(認知症対応型共同生活介護施設)を開所、その後ラジオで偶然にも多治見市が起業支援ルームの入居募集を行っていることを知り、すぐに入居の応募を行い合格。
起業支援ルームには、訪問介護に欠かせないケアマネージャーさんとの相談窓口を開設しました。今後、訪問介護(自宅へ介護に向かう)が増えると考えていたので、ちょうど良いきっかけでした。
「起業支援ルームでは様々な起業家との出会いがあり、楽しい時間でしたね。」と、今でも懐かしい様子。起業支援ルームは入居期間が3年と決まっているのですが、「居られるものならもっと居たかったですね」と、言われるほど楽しかったそうです。

 起業支援ルームを離れてからも「多治見市の皆さんにとって、何が足らないか、何を欲しがっているか?」を常に考えて、必要なものを順次増やしています。
その結果として、在宅医療の拠点を誘致したり、デイサービス、そして現在では有料老人ホームも開設し、老人福祉にとっては、ほぼ全てを網羅したことになります。
しかし、「施設を作るだけでなく、利用者様にとってより良いサービスをご提供できるようにしたいですね」と、今までの経験を生かして利用者様に還元することを最優先に考えています。
実際に、住宅型有料老人ホームでは、「この状況(症状)で受けられるのは『住ま居るグループさん』しかない」と、地域の病院で退院支援を行う医療相談員、医師、地元の救急隊からも言われるほど、プロからも絶大な信頼を得ています。

今後について、「厚生労働省では『地域包括ケアシステム』の構築を2025年を目途に推進しています。これは、『高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進』しようと言うものです。この指針にも沿う形で進めていきたいと考えています。」
「まだ私たちの業界の事をほかの業種の方々はあまり知らないと思います。是非、いろいろな業界の方々に私たちの業界を知っていただきたいですね。」
「誰もが家族がいて親が居るので、いつかは私たちの業界の事を知る時が来ると思います。でも、事前に知っておくことで出来ることが広がるし、準備も出来る事で親さんだけでなく、ご自身にとっても大きなメリットだと思います。」
「そのためには、老人ホーム一日体験とかをやってみたいですね。」と、笑顔の中にも、真剣な表情で語られました。

写真は、多治見市の事業所内にて。利用者さんやスタッフさんが行き交うなか、所内の廊下にて撮影させていただきました。ご多忙のところお手数をお掛けしました。

長時間にわたり、取材をさせていただき、ありがとうございました。


名 称 : 株式会社YUKAIGO
所在地 : 多治見市笠原町2455-714
URL : https://www.smile-tajimi.com/
電 話 : 0572-45-2122

使用機材: Nikon D4 24-70mm f2.8
パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

冬の陽射しを受けて (名鉄 広見線)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は、テツの日です。
今回の撮影作品は、名鉄広見線です。
可児川に架かる山岸橋りょうを通過中の電車です。
冬の陽射しは弱いと感じますが、快晴の天気では電車の赤色がとてもきれいに映えていました。

(安全に配慮して撮影しています)

次回は、1月25日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

クラウドファンディングをさせて頂きます(写真展開催プロジェクト)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
既に当ブログでもお伝えいたしました通り、昨年11月に名古屋市で写真展を開催しました。
その際は、遠路お越しいただき、誠にありがとうございました。
会場のアンケートでは、
「地元の可児市の人たちにも見てもらいたい」
「こんな歴史の古いお祭りがあるのはすごい」
など・・・
歴史的な祭りを称えるコメントを多くいただきました。

本日の作品はその名古屋写真展での展示作品です。
名古屋写真展詳細はコチラ。

林政司写真展 歴史絵巻の狭間で ~白鬚神社流鏑馬祭~
会期:2018年11月21日~29日
会場:ニコンプラザ名古屋 『フォトスクエア』
(名古屋市東区東桜 NHK名古屋放送センタービル2階)
後援:可児市・可児商工会議所

この写真展で作品として発表できなかったものを含めて 「白鬚神社流鏑馬祭」 の作品を、この祭りの 「ふるさと」 可児市で写真展として新たに開催したいと考えています。
それにより、地元の良さの再発見や活性化に繋がればと願っています。

余談ですが、この祭りの行われる 「可児市土田地区」 は、織田信長の生母 土田御前 の生まれ故郷ともされています。
また、同じ土田地区にあった土田城城主生駒氏が、1570年に白鬚神社を現在地に移転しています。
なお、生駒氏は織田家に仕えていて、土田氏(土田御前の在所)とも深いつながりがあったとされる記述も残されており、戦国時代には重要な拠点の一つだったとも考えられそうです。

可児市での開催にあたり、なるべく多くの方に祭りを伝えたいと思い、会場スペースを拡大して展示作品も多くしたいと考えています。また、写真額や写真プリントも、同じ理由で大きいものを用意したいと思います。
そこで、
大変心苦しいのですが、クラウドファンディングを行う事にしました。

「地元の大切な歴史を写真で後世に伝えたい!」岐阜県可児市で写真展開催プロジェクト
https://camp-fire.jp/projects/view/103133
(クラウドファンディング のサイト Camp-Fire にジャンプします)

集まった費用は、会場展示の点数の充実や、会場リーフレット制作費用など、ともかくより良い写真展にするための費用に使いたいと考えています。
クラウドファンディングなので、ご寄付を頂いた内容に応じて、リターン(謝礼)をご用意しておりますので、それを楽しみにご協力いただけると幸いです。

ちなみに、私自身の写真展は2005年の初開催から数えて、前回の名古屋展で3回目。
今度の可児の写真展が開催出来れば4回目となりますが、
クラウドファンディングを利用するのは初めてです。

ほんの少しでもよいので、皆さまのお力をいただければ嬉しく存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

使用機材:Nikon D4 24-70mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

『出張カメラマンの経営者取材ブログ』はこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
文章、作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎します。但し、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
---------------------------------------------------

美濃金山城跡 (可児市 兼山)

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
 今日は風景の作品です。

 可児市兼山にある 「美濃金山城跡」 です。
2013年10月に国史跡に指定されました。
北には兼山の街を見渡し、そのすぐ脇には木曽川が流れています。
本丸跡の標高は276mあります。
このため、写真では見えませんが、周囲四方向とも眺めは良く、敵の動きを監視するには好都合だったと思われますね。

昨年まで約12年にかけて7回の発掘調査が行われ、天守や門に使用された瓦などや建物の礎石が見つかりました。
また、石垣の一番上の石などを壊した「破城」の跡や、
土木工事技術の高さを示す、削られた岩盤なども発見されました。

1565年から1600年までは、森家が治め、その中でも1582年(天正10年)から本能寺の変で死去するまでの2年間は、森乱丸が城主を勤めたようです。
その後、1601年(慶長6年)に廃城となったようです。

ちなみに、出丸(一番下の遺構)から、本丸までの所要時間は約30分です。
また、石垣が多く、また道中も険しいので、山登りに適した装備だと安心です。

 撮影作品ですが、本丸に上がる手前の箇所です。
この付近では、破城の際に捨てたと思われる礎石や瓦が見つかったそうです。
ここから左上に登ると頂上(本丸)です。

次回は、1月14日にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 17-35mm f2.8.

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』 について
ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

毎月25日更新!経営者取材ブログはこちら!
http://permillkei.exblog.jp/

本ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※写真単体の転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが励みになりますので、
  その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------

2019年 あけましておめでとうございます

パーミル フォトオフィス,写真,写真撮影,岐阜,出張,カメラマン,岐阜県,多治見,愛知,フォト,撮影,東濃,フォトグラファー,可児,林,まさし
新年あけましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

今年は、昨年の元日と違い、初日の出を拝むことが出来ました。
ちなみに、私のブログによると、2014年、2015年は初日の出を見られず、2016年、2017年は初日の出が見られました。昨年、2018年は見られなかったので、2年ぶりの初日の出となります。

早速当社の話になって恐縮ですが、本年の2月には新商品を発表予定です。
こちらは、2月1日、2日の二日間多治見市内にて開催される、「き」業展 にて発表する予定で現在準備中です。
その他にもより良いサービスと創作活動と続けて参ります。

今年も パーミルフォトオフィス 並びに、『出張カメラマンの気まぐれ日記』 ・ 『出張カメラマンの経営者取材ブログ』 を、どうぞよろしくお願いします。
なお、両ブログ上の撮影作品は、全て仕事で使用するカメラで撮影・現像・色調整作業等を行ったうえでの公開をしております。
facebook上に直接シェアしている写真は、全てipadで撮影したものをそのまま公開しています。(ブログリンク記事を除きます)

新年最初の作品は、初日の出です。
初日の出直後の太陽と凍てつく木々です。
私の自宅の近くからの撮影ですが、以前も書きましたがここではロケーションがあまり良くないので、スッキリと日の出だけを撮ることは出来ず、地面を撮りました。(笑)
私の自宅付近は開発が進み、年を追って遠くの空が見えなくなっています。
この為、日の出は見えるののの、視界が狭いので撮影には段々と適さないようになってきました。

次回は、1月7日頃にブログ更新の予定です。

使用機材:Nikon D4 70-200mm f2.8

パーミル フォトオフィス 写真家の林政司でした。
--------------------------------------------------
『岐阜の出張カメラマン』ホームページはこちら!
http://www.demaephoto.jp/
TEL 0574-49-9910

当ブログは、クライアント用の撮影機材を使用・制作処理をした上で作品掲載しています。
クライアント様に関する作品は、許可を頂いた上で掲載しています。
なお、掲載データの販売・利用をご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※転載・複製等はご遠慮ください。
  ブログリンクは歓迎しますが、その旨をお知らせ下さると嬉しいです。
 (励みになりますので^^;)
  一部機種で広告が表示されるようですが当方とは関係有りません。
--------------------------------------------------
プロフィール

パーミル フォトオフィス

Author:パーミル フォトオフィス
岐阜県可児市の出張カメラマン、パーミル フォトオフィス(写真家 林政司)です。
建築竣工撮影と経営者プロフィール・ウェディング撮影まで、人生の記念に向き合い、記憶に残す仕事をしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ